ブログ

光岡 オロチが生産終了の理由は?評判や最終型の値段もチェック!

光岡 オロチ 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

世に変態な自動車メーカーはたくさんありますが
今回、日本が誇る変態自動車メーカーの【光岡】の
【オロチ】が生産終了でラインナップから姿を消すようです。

光岡 オロチ 画像

 

Sponsored Link

(;´∀`)まあ、買う人も珍しいよね

では、生産終了の理由や最後のオロチである
「ファイナル・オロチ」をみていきましょうか!

 

【生産終了の理由は?】

生産終了の理由は明らかになってませんが、だいたい予想できますよね?

 

(;^ω^)まあ、増税の影響?

元より「受注生産」だった「オロチ」ですが、生産終了の理由はやはり増税絡みでしょう。
採算が合わなければ造る意味もないですしね~。

とは言え、独特のフォルムと扱いやすいことから、そこそこファンがいたようで
限定20台のゴールドプレミアム(価格1080万)は既に売り切れのようです。

オロチ プレミアムゴールド

 

 

( ^ω^)やっぱ買う人がいるんだね~

とはいえ、増税前の駆け込み需要もあったので
これから今まで通り売れてくれるか?という懸念があったのでしょうね。
光岡もそれほど大きな自動車メーカーではないですし
判断ミスが命取りにつながりますしね。

 

【オロチの評価は?】

そんな生産終了しちゃう【オロチ】ですが、どんなクルマなんでしょう?

オロチのパワー&ドライブトレーンには、レクサス・RX330用である、3MZ-FE型3.3リッターV6エンジンと、アイシンAW製5速ATの組み合わせがそのまま採用され、横置きミッドシップレイアウトを取り、ステアリングホイールはスズキ製。また、ブレーキはホンダ・レジェンド用を、内装の一部パーツにマツダ・ロードスターと同一製品を採用している。

(;^ω^)すげーごった煮なかんじがするwww

コンセプトからして「スポーツカーの外観、街乗りの扱いやすさ」
ですから、ストレスがたまりそうなスポーツカーに乗っていた人
(主にお金持ち)なんかには人気そうです。

噂ではアラブの富豪が受注したという話もありましたしね。

「人とは違ったのがいいけど、乗りやすくて扱いやすいのがいい!」
って人にはストライクなクルマなんでしょうね。

海外ではオロチの紹介動画を見て、賛否両論なかんじです。
参考までに。

アメリカ
なんか海の生物みたいだ。

アメリカ
ポケモンみたい。

 

アメリカ
これは酷い車だな、相当酷いぞコレは!
俺はシーフードみたいな車でドライブなんてしたくない。

アメリカ
この車、俺にはとても格好良く見える!

キプロス共和国
なんかフェラーリみたい。

アメリカ
フェラーリにピアノでも落としたかのようなルックスの車だな(笑)
カナダ
皆が知ってる有名な車よりも、逆にこういう車の方が面白みがあるよ。

アメリカ
俺は1台欲しいわこれ。

アメリカ
オロチはヤマタノオロチっていう伝説的なモンスターをモチーフにしてるんだろ?
スゲー車だよな。

アメリカ
オロチは日本語で「酷く醜いもの」って意味があるそうだ。

アメリカ
ガリューの内装がインフィニティーのM35にそっくりだって気付いた奴いる?

アメリカ
なんてこった2番目の車ってフロントと後ろ以外はほとんどインフィニティー(日産)のM35じゃないか!?
しかも内装とエンジンもほとんど一緒なのか!!!

 

オーストラリア
光岡自動車はベース車両に日産を使ってるから。

タイ
光岡のガリューって日産のティアナがベース車なの???

アメリカ
この日本のロールスロイスは日産フーガ/インフィニティM35/45がベースになってる。これは良い車だよ。

アメリカ
フーガなら悪くない車だな。

アメリカ
ガリューってのは面白い車だな、正面から見たらロールスロイスなのに中身は日産とか(笑)

不明
俺ガリューって車は結構好きかも。

不明

俺はドイツ車やアメリカ車よりも日本車の方が好きなんだけど、この車は無いわ・・・。
アメリカ
俺はむしろあえてロールスロイスよりもガリューを選ぶわ。
ロールスロイスを買えるほど裕福じゃない人にとっては、光岡のガリューの方が現実的だし賢い選択だと思う。
俺は光岡自動車を応援するわ、是非ともアメリカでも販売して貰いたい車だから。

アメリカ
ロールスロイスのパクリかよ!

アメリカ
アジア人ってのは本当に欧米からパクるのが好きだな。しかもそのパクリ方があからさま過ぎてヘタ過ぎるんだよ。

カナダ
というかそもそも戦前の日本の車はこういうデザインだったんだよ、これはある意味原点回帰だ。

【ファイナル・オロチの値段や発売日は?】

光岡が最後に生産するオロチ。其の名も
【ファイナル・オロチ】

発表は2014年4月23日のようです。

値段やどういった外観、スペックになるのか
いまのところわかってません。

が、最終モデルに相応しい造りとお値段になるのは間違いないでしょう。
前作オロチのゴールドプレミアムで1080万円。
ちなみに950万~1000万円くらいがオロチの価格帯のようです。

「零」や「兜」といった特別バージョンですと
1000万は超えてきてたので、今回の【ファイナル・オロチ】も
1000万は超えてくるんじゃないでしょうか?

完全受注生産ということですので、予約をしないと買えないわけですが
生産台数が限定何台になるか…

リッケンバッカー(※イギリスの音楽機器メーカー)とコラボした時の
生産台数がわずか5台でしたし、今回も10台~20台といったところじゃないでしょうか?

(;^ω^)まあ、買う人もそんなにいないしね

 

とはいえ、こういう変態クルマをメーカーで造ることがなくなっていく事が
管理人的には残念だったりします。
同じ光岡の「ビュート」にはがんばって欲しいですね!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る