ブログ

インターネット・エクスプローラーが消える?理由や対策をチェック!

Zemanta Related Posts Thumbnail

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

みなさんはブラウザは何を使ってますか?
え?グーグル?

( ・∀・)Fire foxだろ!

 

ちなみにブラウザの各シェアなんですが、
今だに【インターネットエクスプローラー】が
半数以上を占めているんですね~

Sponsored Link

※2014年1月調べ

今だに会社のパソコンはエクスプローラーなんですが
その【インターネット・エクスプローラー】が
無くなるかもしれませんよ!

 

【エクスプローラーが消える日が来る?】

パソコン初心者の頃(未だに上達はしてませんがwww)の時は
常にエクスプローラーを使ってました。

みなさんもかなりお世話になったんじゃないでしょうか?
そんなエクスプローラーですが、
ハッカーによる攻撃の危険が示唆されています。

 

「エクスプローラー使うな」と警告 米国土安全保障省 ハッカー攻撃の危険

 

米国土安全保障省は28日、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、米マイクロソフト社の閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」を使わないよう警告、代替ソフトの使用を呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。

米当局によると、バージョンが「6」から「11」までのインターネット・エクスプローラーが攻撃を受けた場合、大きな危険につながる恐れがあるという。(共同)

 

(;^ω^)おいおい、いきなり変えろって言われても、ほとんどの企業が対応できないだろ

 

つい先日、XPのサポート終了で
ハッキングやウイルス感染が問題になりましたが、
今度はブラウザーについても危険性が高い
と言われてしまったマイクロソフト社。

PC業界の時代を築いてきたマイクロソフトですが、
ここにきて窮地に立たされっぱなしですね。

 

(;´∀`)8の評判もイマイチだしね~

 

このニュース、具体的に「大きな危険」の内容が
発表されてませんが、察するに
【情報漏えい】【ウイルス感染】でしょうね。

 

未だにXPの切り替えができてない状況で、
更にブラウザまで変更できるとは思えませんし
(個別に見ていけば、できているところもあるでしょうが)
コンビ二ATMなどは「XP」&「エクスプローラー」というダブルパンチ状態。

 

(;^ω^)確かにあぶねーな

 

各企業が、
「この際、エクスプローラーから切り替えを…」
という事になったら次はエクスプローラーを使わないでしょう。
めんどくさい事になりますし。

としたら、ブラウザシェアも一変するでしょうね。
もしかしたエクスプローラーが少数派になる日が
来るかも知れないですね。

 

【対策はどうすんの?】

 

個人のパソコンであれば、「XP」と「エクスプローラー」を使わない
という選択もできるんですが、いかんせん企業のPCは個人では
どうしようもないですね?

もしかしたら、もうすでに大事な情報が
漏えいしてるかも知れません。
そうなる前に早急に対策する必要がありますね。

各企業には、そういうところをがんばってほしいですね。

※追記

と、思っていたら案の定でしたねwww
以下ツイッターでの反応をまとめました。

 

情シス「IEを一時的に使用禁止」
皆「承認フローのシステムはIEのみ対応なので、業務が回らない」
総務「IEを使ってください」
情シス「IE使用禁止!」
総務「お前らが悪い」
情シス「お前らが悪い」

 

「IEは危険なので絶対実行してはいけません」
「でもこのPC、ブラウザIEしか入ってないんだけど」
「ChromeかFirefox入れなさい」
「わかりました。じゃあ、IEでダウンロードしてっと…」
「あっ」
「あっ」

 

IE脆弱性に絡み使用を控えるメールを配布…まず「IEって何だ」から始まり「これでネットが使えなくなるのが分かる人間が何人いると思うんだ」「何で問題が起きない完璧なのを用意しないんだ」「SEは給料泥棒」との非難対応に午前の大半を潰す…面倒極まりない

 

ようやく職場で「YahooじゃなくてIEを使うのがだめだ」という話が広まったものの、上司がIEがどういうものかよく理解できなかったため、「とりあえずインターネットの利用を控えるように」という指示が出されました。

 

(;^ω^)うーん、うちの会社もやばいな~

とりあえず、グーグルクロームの使い方を
のっけておきますね!

http://www.google.co.jp/dekiru/products/tips/products_chrome_tip1.html

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る