ブログ

ホンダ XL250Sをレストア!タンク交換!

430

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 
愛車【HONDA XL250S】のタンク交換しました!
ついでにミラーも交換!
ついでにネジもステンに交換してやりました☆
まあ、役立つかわかりませんがXL250Sについての
情報を載せておこうと思います!

家に来た直後のXL250Sのお姿。

430

Sponsored Link

 

現在の姿がコチラ!
たぶんタンク形状からみてノーマルを
青に塗ったものだと思われます。

504

 

で、こちらが本来の姿がコチラ↓
※別冊【ビンテージモーターサイクル】より。

446

23インチ前輪のオフロードバイクって
これ以外にないんじゃないかと思います。
(まあ、チェックしてませんけど)

家に来たと同時にフロントフェンダーは外してやりました!!
雨の日は拷問です!口に砂が入りまくりです!

なんで、そろそろフロントフェンダーつけるのを
考えなきゃいけなくなってきました

クラシックな感じにしたいので、
オールドトラックレーサーが付けてたような
イカしたフェンダーが欲しい今日この頃。

プラスチック製はへこまない、
まがらないのでそれはそれでいいんですけど、
雰囲気がそれだけでオフオフしい感じになるので…

 

あと、

タンクの蓋が昔ながらのキーレスタイプだった(´;ω;`)

空気穴から水が入ると具合が悪いので
フュ-エルホースをカットしてつけてやりました!

タンク交換なんかめっちゃ簡単なんですよ、ホントは!
まあ、タンクが合えばの話ですけどね!

 

次はタイヤ交換です。

タイヤの選択肢はブリジストンのTW9という
トレールタイヤしかありませんでした☆

リバティーンズ 942

21インチだったら各タイヤメーカーから
けっこう種類がでてるんですけどねー。

「21インチ化するならXL250Rのフロントサスからそっくり入れ替えればいける!」

って話があるんですけど、本当にはまるかどうかは
やってみらんとわからんレベルです。

で、届いたタイヤを自宅からバイク屋さんまで運びます!
ハードな労働でしたwww

では、さっそくタイヤ交換です☆

作業工程は…

リバティーンズ 943

ジャッキで車体をもちあげる⇒
タイヤが空転することを確認しタイヤの軸を止めてるネジ、
干渉するメーターワイヤーをはずす。

リバティーンズ 946

軸を抜いてタイヤをはずす、ブレーキドラムははずさない。

リバティーンズ 947

古いタイヤの空気を抜いてビードを落とし、
タイヤレバーで傷が入らないよう外す。

リバティーンズ 944

新しいタイヤにビートワックスを塗って、
半分ホイールに入れる⇒インナーチューブを入れる⇒
チューブをビードにはさまないようにタイヤを履かせる⇒
空気を入れてエア調整。

リバティーンズ 950

あとは外したときと逆の手順で付ければ完成!!!

工具があれば家でもできるんじゃないでしょうか?

リバティーンズ 948

色だけみてもだいぶ劣化してたのがわかりますね。
新品は輝きがちがう!!

 

さて、マフラーも爆音&サビすぎぃ!ってことで、
とりあえず外して磨きます。

リバティーンズ 953

 

何のサイレンサーかわかりませんが、もうただの筒になってました。
中のステンレスウールは走行中にどっか飛んでいきました、
そのせいで爆音だったんです。

というわけで、消音のためステンレスウールをつめ直しました。

「そんなんでちゃんと消音できるの?」って思いましたが、
結構ちゃんと出来てて笑いましたwww

マフラーなんですけど、以前から
【GB250クラブマン】のマフラーがつかないかなぁ?
と思っていたので試してみたんですけど、ダメでしたw

クラブマンのエキパイの直径が35mm、
XL250Sのが32mmだったので叩いて整形して
つけるなんてのも不可能でした、残念。

あとマフラーをタンデムステップにステーで
共締めでつけてあったんですけど

リバティーンズ 954

 

ここスイングアームなんですよね…

なぜここにつけてたかは不明ですけど、
スイングアームに固定なんてしてたらいつか折れますね(´;ω;`)

ということでステーを追加してフレームにつけ直しました!
カラーを使ってスイングアームから逃がす感じでつけてみました☆

リバティーンズ 958

 

 

って事でこんな感じでやってみました。
まあ、XLX250Rという珍しいバイクも手に入れたので
頑張ってみたいと思います。

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る