ブログ

ガンダムUC ep7【虹の彼方に】のネタバレ!原作との違いは?

ガンダムUC 劇場版

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

ガンダムUCエピソード7【虹の彼方に】を映画館で見てきました~。

2010年から続くこのガンダムUCシリーズの
集大成ですから、かなり気合と期待を込めて
視聴してきましたよ。

ガンダムUC 劇場版

Sponsored Link

仕事が終わって映画館まで行ったんですが
軒並みグッズは販売終了してました~。

ガンダムUC 映画グッズ

 

( ^ω^)やっぱユニコーン人気すごいわ!

ということで早速ストーリーのネタバレにいきたいと
思います!

【ep7虹の彼方にネタバレ】

※若干セリフが違うこともありますので
ご了承ください。

エピソードEX

カーディアス・ビストがサイアム・ビストに
語りかけるシーンから始まる。

ファーストから逆シャアまでのダイジェストを追いながら
カーディアスが「宇宙世紀とは何か?」
「NTとは何か?」を論じていく。

時代の本流は人類全体のもので個人では
その時代をつくることは難しいと語るカーディアス。

 

「しかし、いつの時代も変革をもたらしたのは(個)という存在だ」

 

「以前、私にあなたは御自分(サイアム)を許すかと聞かれ
私しかあなたを許すことができないと言いました。
しかし、今、私はそれも語ることは出来ません。

じきに、その答えをもった者があなたの前に現れます。」

と言い残し、幻影となって消えるカーディアス。

 

そしてここから本編。

 

財団と政府の偉い人たちはメガラニカをコロニーレーザーで焼き払おう
と画策します。
誰かの手に【ラプラスの箱】が渡るくらいなら
全部消し去ろうとしてしまうわけです。

「私たちは新しい箱を共有することになる。
コロニーひとつを犠牲にして隠したという罪でできた
新しい箱だ。」

 

そして、それをいち早く察知したブライトさん。
ラーカイラム部隊を連れて地球に降下します。

場面は変わり、ユニコーン&バナージVSバンシィ&リディの
戦闘シーン。

リディが激おこぷんぷん丸。

 

バナージ「あなただってNTだ!」

リディ「しゃべるなぁーーー!!!」

とお話にならない状態。

 

なんとかバンシィ&リディを止めたいアーガマ隊。

ジンネマンが艦長に作戦を提案。
ここでマリーダさんがクシャトリア・リペアードを駆り、
出撃!

しかし、マリーダさん&クシャトリアは完璧ではないので
無理はするなとジンネマン。

 

マリーダさん 画像

マリーダさん

「バンシィは私がひきつける!バナージは前に出ろ!」

バンシィとクシャトリアが激突!
完璧でないためクシャトリアがおされ気味。

 

リディがみんなの呼びかけで正気を取り戻しかけるが
やっぱりダメダメリディ、ミネバに振られたのを
思い出し発狂。
バンシィの手元にあったビームマグナムをぶっぱなす!

 

なんということでしょう!
ビームマグナムがクシャトリアを貫いて…
マリーダさんが…

 

一方、ユニコーン&バナージはローゼン・ズール&アンジェロと交戦。
敵味方関係なくぶっ放すローゼン・ズール&アンジェロ。

ローゼン・ズールはファンネル(秘密兵器)でユニコーンをジャック。
デストロイドモードを強制解除してしまいます。

 

と、同時にマリーダさんが例の思念体となって、アーガマ隊の
みんなに危険がせまっている(コロニーレーザー)と教えます。

ジンネマンとマリーダさんのやりとり。

「こんな時までお前は…」

「ありがとう……お父さん。あなたは私の大切な人です。」

ミネバ

「マリーダ、ごめんなさい…」

リディ

「オレは何を…したんだ…」

 

思念体はバナージの元へ。

 

マリーダさんの戦死を察知したユニコーン&バナージが覚醒。
ローゼン・ズールのファンネル縛りを解除し
サイコフレームの力でただのシールドがファンネル状態に。

ユニコーン シールドファンネル 画像

サイコフィールドを展開し、ローゼン・ズールを追い詰める。

 

アンジェロ 画像

アンジェロ

「なぜ貴様なのだ!望んでもない貴様が!…た、大佐…!」

フロンタルの幻影を見ながらローゼン・ズールは自爆。
戦闘不能に。アンジェロは生存。

 

ユニコーン、一旦アーガマに戻り補給を受ける。

「私にも箱をみる権利、いえ義務があります。」
ミネバとバナージがユニコーンに乗り込み
ようやくメガラニカへ。

 

メガラニカに入るとユニコーンが箱の位置を示した。
1話で入ったビストの屋敷のあの部屋へ。

到着と同時に地下が開き、サイアムが現れる。

 

ラプラスの箱とは宇宙世紀元年につくられた憲章。
宇宙に対応した、新しい人類を積極的に政治に参加させること
を書いた条文が正体だった。

 

サイアムは今までの経緯と自分の願いをバナージ&
ミネバに語る。

永井さん遺作となる名シーン。

サイアム・ビスト 画像

 

「この箱をどう使うのかね?」

 

バナージ

「オレはあなたのいうNTなのかわかりません。
でも、オレは人類の可能性を信じます!」

 

サイアムはバナージとミネバに「ラプラスの箱」を託すことに
決める。

と、ここでフロンタルが登場。
箱は秘密のままにして、連邦との取引に使うと言う。

 

サイアム

「おまえの言うことも正しい。しかし、だ…私やお前は
年を取りすぎた。新しい時代に任せようと思わんかね?」

サイアムおじいちゃん、防護プログラムを起動し
フロンタルを攻撃。フロンタルはそのまま逃走。

 

一方、アーガマ隊は外で待っていた「ネオ・ジオング」の
自動攻撃でやられまくり。

ネオジオング 画像

リディがこれに加勢するも苦戦。

と、ここでフロンタルがネオ・ジオングの戻り
ビスト屋敷ごとぶっ壊すようにビームをうちまくる。

シルバ・バレット 画像

ビストの使用人が乗るシルバ・バレットで
応戦する隙にバナージを
ユニコーンの元へ行かせようとするが
圧倒的戦力で破壊される。

 

バナージ

「ユニコォォォーーーーーーン!!!」

 

呼びかけに応じてユニコーンが飛んでくる!
もうモビルスーツの域を完全に超えてる。

 

ネオ・ジオング、メガラニカに穴を開けて脱出。
ユニコーンがあとを追う。

ユニコーンVSネオ・ジオング

バンシィが加勢する。

 

フロンタル

「2機のガンダムがそろって私にたてつくか!
人の総意である私に!」

 

リディ

「やるぞバナージ!この光はオレたちだけが生み出してるモノじゃない!」

しかしネオ・ジオングの秘密兵器「サイコシャード発生装置」
(サイコフィールドを機械的に発生させる兵器)
でユニコーンとバンシィの装備がはじけ飛ぶ。

ユニコーン&バンシィ、肉弾戦。
しかし、近づいたところをネオ・ジオングに
キャッチされる。

 

フロンタル

「では、行こうバナージくん。宇宙の果てまで!」

二人で精神世界まで飛ぶ。

「人類の果ては暗い。可能性の光はこの扉の前で起こっている
ただのまやかしだ!希望を持たせるのは人類にとって
あやまちを繰り返させるものなのだよ!」

 

バナージ

「でも、オレは人類の可能性を、この光の暖かさを信じる!」

フロンタルがバナージの中に可能性をみるシーン。

ララァ

「大佐が大佐だった頃の思いは伝わりましたよ」

 

現実に戻ると同時にユニコーンがサイコフィールドで
ネオ・ジオングを「壊死」状態になる。
フロンタルは器である体から昇天。

アムロ

「もう、いいのか?」

シャア

「ああ…」

いままで生死不明の二人の魂が宇宙に還るシーン。

場面は変わって地球。

ブライトさんとローナン議長が
コロニーレーザーを撃つ、撃たせないと問答するが
箱は危険すぎるとマーサが言い
コロニーレーザーを発射してしまう。

 

一方、メガラニカではユニコーンとバンシィで
サイコフィールドを発生させ
レーザーをはじく作戦に出る。

シールドファンネル⇒ユニコーン⇒バンシィの順で
3重のサイコフィールドを発生させ
レーザーをかき消してメガラニカを守った。

 

しかし、この強力なサイコフィールドのせいで
バナージはユニコーンに取り込まれてしまう。

ユニコーンの外見はダブルオーに出てくる「エルス」に
取り込まれたような感じになる。

サイコフレームが限界まで突出したような状態。

 

メガラニカではミネバが世界に向けて
「ラプラスの箱」の解放を行う。

ミネバ・ザビ 演説 画像

 

この演説を受けて連邦は妨害のために
モビルスーツを攻撃に向かわせる。

いちはやくそれ察知したユニコーンが動き出す。
ブースター推力なしでも超高速移動して
腕を一振りしただけでMSたちは機能停止。

バンシィが全力で追っかけても
一瞬で見えなくなる。

と、ここでミネバがNT感応でバナージに
しゃべりかける。

「私のところに戻ってきなさい、バナージ」

バナージ、正気を取り戻すと同時に
ユニコーンも自動復元。

メガラニカへ向かうユニコーンでエンディング。

 

( ・∀・)2時間じゃ足らんかったな

 

【原作との違い】

まあ、いろいろ2時間に収めるために
改変があったようす。

全ては書ききれませんが、わかっている部分を
抜粋してみました!

1 シナンジュとクシャトリヤの死闘もなし

2 リディが本来はネェル・アーガマに向かってビームマグナム撃つのをクシャトリヤがかばって撃沈してバナージが赤いサイコフレームを発生させて、激昂するシーンもカット。

 

3 アルベルトの改心シーンもカット。

4 『それは違うよバナージ…』がなし

5 マリーダ死亡関連周りが薄いかんじ

6 ネオ・ジオングのネオグランゾン化、中身は戦いません。原作だと半壊したシナンジュをユニコーン二機でフルボッコ、最後はバナージがユニコーンと一体化したまま帰ってこない

7 フロンタルが納得して死んでいった

8 オードリーとのキスシーンはカット、それとフロンタルとの生での死闘もカット

9 ジェスタ地球降りちゃった 

10予備パーツやらサイコフレームばらまいてメガラニカを覆うシーンなし

11アンジェロのシミ性奴隷関連も軒並みカット

 

(´・ω・`)これはもう原作&マンガも読むしかないよ

でも、映像はキレイだったので
それはそれでかなり楽しめたかんじですね!

ユニコーン DVD 7 画像

あとは御自分の目で確かめて見てください!
では!

 

※主題歌を歌っている【Aimer(エメ)】さんの紹介記事もあります!
気になった方はどうぞ!

 

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る