ブログ

ホンダ Dunk【ダンク】の評判は?価格とスペックについて!!

リバティーンズ 960

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

先日の福岡モーターショーでお披露目されてました、
ホンダの新型原付【Dunk】(ダンク)を
チェックしてきました!

ホンダの新型原付としては2002年の
トゥデイ】以来、12年ぶりの発売らしいですが
評判はどうなっているんでしょうね???

Sponsored Link

ホンダ ダンク 画像

ホンダは3日、新型原付スクーター「Dunk(ダンク)」を20日に発売すると発表した。50ccスクーターの新型モデルは2002年以来12年ぶり。男子高校生など若者層をターゲットに、力強く環境性能に優れた新開発エンジンをアピールし、低迷する原付1種市場の活性化を狙っている。

新開発エンジンは排気量50ccのサイズで初めてアイドリングストップシステムを標準装備。市街地を想定した燃費性能は1リットル当たり56.6キロと従来の原付スクーターより10%向上した。

原付1種の国内新車出荷台数は、メインユーザーである若者のバイク離れで2013年には約23万9千台と10年前と比べ5割以上落ち込んでいる。ホンダ二輪事業本部長の青山真二取締役は3日の発表会で「若い人達に選んでもらえるよう、好みや使い勝手を入念にリサーチした」と市場の再活性化に意欲を示した。

※産経ニュースより

 

で、管理人がホンダのブースでもらってきた資料によると、

 

リバティーンズ 960

 

ダンクは、次世代スクータ用グローバルエンジンとして開発した水冷/OHC方式の単気筒50ccエンジンを新たに採用した。二輪車用の排気量125ccと250ccのエンジンに用いている「eSP(enhanced Smart Power)技術」を適用している。具体的には、eSP技術の1つである、セルモーターと発電機能を兼ね備えた「電子制御式ACGスターター」の採用により、セルモーターや始動系ギアの分だけエンジンが軽量化されている。また、冷却効率の高いラジエータをエンジン右ケース外側に一体化することでコンパクトなビルトイン水冷システムを採用した。トゥデイの空冷/OHC方式の単気筒50ccエンジンと比べると、11%の軽量化を実現できているという。

 

スマホも充電できる!】ということがかなり推されてますね。
おなじページに2回も書かれてる。
これがホンダなりに【若者向け】にしたってことでしょうか???

管理人の予想ですけど、このACC電源こそ時限爆弾になるような気が…
電装系のトラブルで充電がされないという事例が多発して、
リコールにならなければいいですが…

環境性能うんぬんは完全に排ガス規制に
合わせてみたってかんじですね。
若者はそんなとこ見ませんし、
「エンジンなんてなんでもいいって、ちゃんと動けば」って思ってそう

ダンクの最高出力は3.3kW(8000rpm)、
最大トルクは4.1Nm(7500rpm)みたいですが、
8000回転まで回すまでに時間がかかりそう。

燃費はどうあがいてもカブ50やシャリーには勝てませんけど、
リッター56キロってことはそこそこの燃費ですね!

ちなみに管理人が大学生の頃乗っていたカブは、
1リッターあたり、MAX80キロくらいでした。

仕事で使っているカブ90でも市街地乗りで
リッター60キロくらいです。
さすが全世界で1番売られてるバイクだけありますね!

そして、気になるお値段は19万9千円(税抜)、
税込みで20万8千円ですね!

高校生や大学生はちょっと高いですよね!?

これで原付1種を活気つかせるつもりらしいですwww

まだ売り上げが出てない状況なのでなんとも言えませんが、
ネットでの評判はイマイチみたいですね。
おおかたの意見が「ださい」とか「パワーなさすぎ」とかでした。

管理人は、ホンダの思惑に必要なことは法改正して
「原付は時速30キロ制限」をはずすということじゃないかなと思います。
じゃないと盛り上がらないかと。

というか、もし、現在協議中の
「原付2種が普通免許で乗れる!」ようになれば、
後8万だせばPCXが買えるわけですし。

結論、【ダンク】は売れないような気がします。
10万でカブ買って乗りましょう。
そのほうがお金がない若者にとって、経済的に楽なんじゃないでしょうか?

今後の売り上げ状況が気になるところですね!

 

 

ところで、スズキの【エックストリガー】はどうなってるんでしょうか???

えっくすとりがー

 

個人的にめちゃくちゃ気になるバイクですので、
次回チャンスがあればブログにあげたいと思います☆

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る