女子ーズのネタバレとあらすじを紹介!結末は?深夜放送くるー!?

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

 

今日、女子ーズの公開日ということで早速見てきました!
とにかく女子ーズ主演の5人がかわいかったですね☆

女子ーず 画像

 

( ^ω^)やっぱりフルスクリーンにかぎりますなぁ!

 

ということで、早速ネタバレに行きたいと思います!

例のごとく、記憶をたぐってのネタバレなのでセリフや
演出が若干違うこともあります。ご了承ください。

 

【女子ーズのあらすじネタバレ!】

 

 

「地球は怪人の危機にさらされていた!戦え女子ーズ!」

 

しょっぱなからワカメの怪人が登場。かなりキモい。
しかも肝心のワカメはタグテープのような安っぽさである。

 

「ファファファ!さあ博士!例のものを渡してもらうぞ!」

 

唐突に怪人に捕まっている博士が登場。

「いやだ!渡してしまったら地球が…」

「ええい!それならフエルワカメだ!くらえ!」

 

博士がワカメ(タグテープ)でそろそろやられそうになると
そこに女子ーズが集合!レッド、イエロー、グリーン、ネイビー…

 

ワカメ「なんだ貴様らは!?」

レッド「私たちは…女子ーズ!」
桐谷美玲がかわいい☆

 

女子ーズ、そこで異変に気づく。

「あれ?ブルーは?」 「は?いないんですけど?」
「えーと、少し待ってもらっていいですか?」

「早くしろよ!」 待つんかい。

 

怪人に待ってもらい、レッドがケータイでブルーに℡。

「ブルー!あんた何してんの?今日怪人来てるって連絡あったでしょ!?」

「え~~~~、だってマツエクやり始めたらとまらないんだけど~」

「誰も見てないって!早く、ブルー!怪人に待ってもらってんだから」

見てる見てないの問答の後(博士は「そら、ね、キレイなほうがいいよね」とコメント)

 

「マツエクと怪人、どっちが大事なの?」

 

 

「ごめん、マツエク?」

ここらへんは予告動画にもありましたね。

 

とりあえず4人で倒したっぽい。

 

場面は変わって女子ーズ本部に集合している5人。
ここから女子ーズ結成の理由が語られる。

女子ーず 画像 全員

 

「は?なのなのココ?」 「仕事中なんですけど?」 「はやく戻してください!」

 

チャールズ司令「あー、もう、うるさいよ!ちゃんと聞いて!私の話!ちゃんと!」

司令がかなりいい味出してる。そしてかなり適当。

「えー、君たちに集まってもらったのは他でもない。君たちには
地球も守ってもらいたいのだ!」

 

「無いわ~」 「無いですね。」 「早く戻りたいんですけど」

 

「えー、というか君たちが受けてもらわないと困るのよ~。
前の戦隊の人たち任期満了でいなくなっちゃったし。
ね?お願いしますよ~。」

 

「なんで私たちが選ばれたん?」「何か特殊能力とかあるんですか?」

 

「そうね~~、え~っと、君(桐谷)はアレだよ。マジメ。すっごいマジメ。
すごくいいと思うんだよ、そういうの~、え~っと、そういうこと!」

女子ーズ 桐谷 画像 

「じゃあ彼女(グリーン)は?」

女子ーず 画像 有村

 

「え~っと、そう、ね。ええ~っと、あ、そう!笑顔がかわいい!
そのほくろもチャーミング!」

 

と、そこでイエローがするどいツッコミ。
「どのホクロですか?ほら、3つくらいあるし」

 

「えええ~~~~、うん、アレだよ(クソっ、余計なこときいてんじゃねーよ)
あ、うん、なんでもないよ~!なんでもない」

 

レッド「本当の理由を教えてください!マジで!」

 

司令がちょっと考えたところで、しぶしぶ話しだす。

 

「あれだよ。君たち、名前に色が入ってるだろ?」

「え?そんだけ?」

 

「そう、そんだけ。」

「えええ~~」「マジ!?」「そんだけ?」

「うん、そんだけ。」

 

場面は変わってレッドの職場「豊島建設」へ
バリバリがんばる桐谷レッドがめっちゃかわいい。

 

と、そんなレッドに指令から「怪人でたぞ~」と連絡が。
ちなみに連絡方法は腕時計についてる
テレビ電話である。古い。

 

同じく、ブルーがショップ店員していると連絡が。
ブルーはかなりイイ性格してるようす。
客にも容赦ない。

 

同じ様にイエロー、グリーン、ネイビーと場面が移る。
イエローは土方のバイト、グリーンは劇団員、ネイビーはお嬢様の様子。

そして、誰かが来ないこともしばしば。

 

5人そろったところでカメムシの怪人が現れる。

女子ーず 画像 怪人

(横の黄色い色の怪人です、参考までに)

「この【臭い】こそ私の武器だ!思い知ったか女子ーズ!」

 

女子ーズ「くっせー、マジくっせー」「自分吐いていいですか?」「気が遠くなる」

 

怪人「ファファファ!この臭いには耐えられまい!ファファファ!」

 

女子ーズ「うるせーんだよ!このウンコ!」「くっせーんだよ!ウンコ」「ウンコー!」

 

怪人「黙れ!ウンコウンコうるさい!」

 

女子ーズ「あ、ファブリーズですよ!」「あ!そうかファブリーズね!」
「今ならダウ二ーの香りもあるみたいですよ!」

 

怪人「ファブリーズって何だ!?おい!答えろ!」

 

「私が買ってくる!スーパーまで!と言い残しレッドが走り出す。

 

残り女子ーズ「このへんスーパーあったっけ?」「いや~、ないでしょう?」
「てか、ファブリーズきくの?」

 

怪人「おい!ファブリーズって何なんだよ!答えてくれよ!」

 

場面は変わって「お疲れ会」に。

 

「いやー、それにしても間違って買ってきた【キンチョール】が効くと思いませんでした!」
「虫だしね。」「もうウンコの話はやめよーや。」

 

と、そこにチャラ男軍団登場。テンションが上がるブルー。
飲み代がタダになると喜ぶイエロー。

しかし、マジメなレッドの一喝によってチャラ男軍団退散。

 

「も~、チャングンソク似のイケメンいたのに~」
「それ、イケメンやない」「そう、チャングンソクの時点でないわ」

 

お疲れ会は終わりレッドが一人で帰宅中

「もー、こっちはマジメにやってんだよ!」と空き缶を蹴ると
ありえない威力でヤンキーに命中。

 

「てめー、アニキがあんなに飛んじゃったじゃねーか!」
と絡まれるも、同期の「ナルセ」が助けに入る。

その後、ナルセくんとお食事、告白タイム、最終的に
「キス」までされる。まんざらでもないレッド。

その後、エリンギの怪人やらキツツキの怪人やらと
戦うが、なかなか5人が揃わない。

女子ーズ 画像 怪人

でも、なんとかかんとか倒していくが…

 

「おまえらマジメにやれーよ!ホント!地球なくなっちゃうよ?
怪人はどんどん強くなってんだからさ~、頼みますよ!ね!」

 

「じゃあ、時給出してくださいよ。こっちは生活かかってるんだから」
「そうだよ!怪人1人に対して一人1万ね!」

 

「え?うーん、アレやん?ヒーローってのは無償っていうか…
そういう見返りを求めないのがかっこいいやん?」

 

「辞めますよ。マジで」

 

「すみません。善処します。」

 

「あと女子ーズってのもどうかならないですか?締まらないですよ」

 

「ええ~、いいやん、女子ーズ、ダメなの?」
一問答があった後、次は絶対5人でお願いしますよ!と
司令から言われる女子ーズの面々。

 

しかし、今度はレッドが非常に大事なプレゼンがあるという展開に。
コレに出るか出ないかで出世が決まるという
大一番に指令から「怪人が~」と連絡が入る。

結果、レッドは仕事を選んでしまい、女子ーズは大苦戦。

 

女子ーズ「まさか事故にあったんじゃ…」「大丈夫だって、絶対来るって」

 

翌日、レッドの部屋に押しかける女子ーズのみんな。

 

「なんでこなかったの?」

「ごめん、大事なプレゼンがあって…」

「私たちだってバイト抜けだしてきてるんだよ!一人だけおかしくない!?」

「みんなはバイトじゃない!私は正社員よ!無理な時だってあるわよ!」

 

「バイトだったらいいですか?それはないでしょ?」「見損ないました」
「そうですよ!レッドさんらしくない…」「もー、女子ーズとかやってられんわ」

と言われ、うつむくレッド、部屋を出て行くみんな。

 

その後もレッドは司令の連絡を無視、仕事に没頭するも
なかなか仕事も難航してしまい、ダブルパンチでレッドは落ち込む。

 

仕事が上手くいかない中、また司令から連絡が入る。
気まぐれに連絡を取るレッド。
「お~、やっと出てくれた。とりあえず自分、出てこいや!」

 

司令室に呼ばれたレッド、たまに出られないのは
仕方ないけど、みんながんばってるよ?と言われ
ハッとするレッド。司令やさしい。

 

「今度の怪人はむちゃくちゃ強いから、みんなで、ね?」

 

とりあえず怪人を倒しに向かうレッド。
だが、そこにみんなの姿はなかった。
とりあえずレッド一人で立ち向かうも全然歯が立たない。

と、そこに司令から連絡が。

「だーかーらー、みんなで戦えっていったじゃん」
怪人には待ってもらい(やさしい)、みんなを探しに行くレッド。

 

イエローはバイト中のところを代役を立てて説得。
「お金が入るならそれでもいいですよ」とのこと。

 

ブルーは20世紀少年を読んでいるところを
イエローが「ネタバレしますよ!」と脅し、連行される。

 

グリーンは劇団の舞台本番中、「木」の役に
全力を注いでるといわれるから無理との事。

女子ーズ「この役、代わりいないですかね?」

舞台監督「うーん、むしろなくてもOKかな?ていうか、彼女演技くさいし」

グリーン「おい、てめー!今、何でぶっちゃけてんだよ!ゼッテーつぶしてやるからな!」

グリーンブチキレながら連行される。

 

そして最後にネイビー。別れ話の最中もところを

「その彼氏じゃなくてもよくね?てか、ブッサイクだし」
と言われ連行。男の趣味は悪い。
ちなみに相手はカヲルちゃん。

女子ーず 画像 皆川

(画像は本編と関係ありません)

 

怪人のところに戻ったのは、すでに夕方。

 

「いなからね!?こんなに待ってくれる怪人いないからね!」

「本当にすみません…」

 

とりあえず「女子ーズトルネード」で一瞬で
やっつけるが、怪人が巨大化して
女子ーズを追い詰める。

 

「やべーよ!こんなの倒せねーって!」「サイズ違いすぎですね」
「やだ、こわーい」「チャールズ(司令)何かないの?」

 

「あるよ、ロボある」

 

女子ーズ全員の力を合わせて「女子ーズロボ」を召還!
女子ーズ全員がロボに乗り込むも操作方法がわからない様子。

 

「とりあえず、このボタンを押してみよう。」

 

すると、超近距離から「おっぱいミサイル」が発射!
怪人に命中する。

 

「全員胸ないくせに、おっぱいミサイルとかだしてんじゃねーよ!」
と怪人に言われ、女子ーズブチギレ。
怪人をタコ殴りにして倒す。

 

場面は変わって、レッドが見事プレゼンで落とした
美術館の建築現場に。

 

どうやら、このプレゼン成功でレッドは出世したらしい。
と、そこに司令から連絡が。

「怪人でたから。とりあえず行ってくんない?」

 

怪人のところまで行くと、相変わらず【みんな】がいない。

「あーもー、また!??マジメにやってよー!」
で終わり。

 

【評判や深夜放送化の予定は?】

 

管理人的にはゆる~く見れた今回の【女子ーズ】ですが
ネットなどの評価はどうなってるんですかね?

 

 

(;^ω^)うーん、この評価www

 

あと、もしかしたら【深夜枠】でシリーズ化の可能性も
出てきましたね!

それでも今作の続編になると、乗り気の出演たち。福田監督は「女子ーズは『今日のヤツは弱い』と怪人をなめてかかかっている。次やるとしたら、深夜ドラマの10分枠ですかね」と話していた。

 

 

やったら絶対見るから今後に期待してます☆

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください