ブログ

【ガンダムビルドファイターズ】2代目名人”カワグチ”は誰??

イオリ・タケシ

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

今週の【ガンダムビルドファイターズ】18話「ブラッド・ハウンド」の射撃戦は相当熱かったですね!!!このクオリティで毎週放送してるなんて…すごすぎますwww

ところで、レナート兄弟が「3代目なんて2代目に比べたら”ごっこ遊び”のレベル」なんて言っていましたが(この後しっかり3代目名人カワグチにやらてしまうんですがwww)

( ^ω^)あの3代目名人よりはるかに強いってどんなんだよ!?

ってアニメにつっこみを入れたのは自分だけじゃないはず!

では、いったい誰なんでしょうか??

Sponsored Link

【2代目名人は第2回ガンプラ世界選手権優勝者!?】

レナート兄弟の発言から、この2人が直接戦った、もしくはその戦闘を見たことがあるとわかります。それでいて圧倒的な強さを持つ人ってことになりますから、まず間違いなく【ガンプラ世界大会】に出場し、なおかつ、かなり優秀な成績を残してるってことですよね。

2代目に関して出ている情報と言えば、「病床に伏せっていて、名人カワグチの名前をユウキタツヤに渡した」ってことです。ということは、当然ながら出場している選手の中にはいないってことです。ここから、前大会覇者のカルロス・カイザー説はなくなりました。まあ、アイラさんにフルボッコされてるレベルですから当然ちゃ当然ですけど…

あと年齢的なことでいえば、初代カワグチ名人が今年で53歳、設定でいけばそれより若い年齢で、かつ世界大会に出ている年齢…あんまり意味はなさそうですが、最低でも2代目を次ぐってことはそれより年齢は下だと思います。というか、そうであって欲しいというか…普通に考えて20歳~30歳くらいでしょうね。

レナート兄弟が世界大会で戦っているとしても、第6回大会には出ていない(どう考えても3代目名人>アイラさん=セイ・レイジ>カルロスなので、第6回大会を出場してるなら優勝でもしてないとおかしい)と思われるので、

( ^ω^)じゃ、いつの世界大会にでたんだよ!?

って思うじゃないですか?

それで、公式で出てる情報で怪しいとこといえば、

イオリ・タケシ

セイの父親で、第2回ガンプラバトル選手権世界大会で準優勝をしている、名ファイター。実家であるイオリ模型店を妻と息子に託し、ガンプラのさらなる普及のため、世界中を旅して回っている。

 

( ^ω^)第2回の優勝者ってだれだよ!!怪しすぎ!!

セイの父親は描写を見る限り、かなり強いはず。その人をおさえて優勝する剛の者こそ【2代目名人カワグチ】なんではないでしょうか??

【予想される人たち】

これは完全に管理人の独断と偏見なので、参考程度のものなんですが、今は廃刊されてしまった【コミック ボンボン】という雑誌がありまして、そこに【プラモ狂四郎】というマンガが掲載されてました。そのマンガはちょうど【ガンダムビルドファイターズ】のようなかんじで、まさに元祖といえるメディアでした。

【プラモ狂四郎】※ウィキペディアより

ロボットアニメのプラモデルが大好きな少年・プラモ狂四郎こと京田四郎は、プラモデルを本物さながらに戦わせることができる「プラモシミュレーションマシン」でライバルたちとプラモデルを仮想空間で戦わせ、次第にモデラーとして成長していく。

続編に『新プラモ狂四郎』や『超戦士ガンダム野郎』などがある。また、本作がヒットした影響で、プラモデルを題材にしたホビーバトル漫画が数多く生まれた。

当初、講談社サイドは新創刊の『コミックボンボン』の目玉として、劇場版『機動戦士ガンダム』の漫画化を企画していたものの、日本サンライズ(当時)から許可が下りずに断念、それに代わる次善の策として安井尚志(本作の原作者・クラフト団)に白羽の矢を立て生まれたのが本作である。

「プラモや玩具をシミュレーション世界で戦わせる」という設定は、この作品以降、さまざまなホビー漫画で見受けられるようになっていった。

 

で、結論

( ^ω^)2代目は狂四郎なんじゃねーの??

と思ったわけなんですけども、【ガンダムビルドファイターズ】で管理人がパーフェクトガンダムやら千生将軍やらガンキラーが動いてるのを見たい!!、という私情もはさみつつの予想ですので…

あと可能性があるのは

ボリス・シャウアー

 

ボリス・シャウアーさんですね。なんといっても究極のガンプラ製作者「ガンプラマイスター」の称号を持ってますんで、可能性は高い気もします。

ボリス・シャウアー ※【模型戦士ガンプラビルダーズ】から、ウキペディアより

「ガンプラ道を極めたガンプラマイスター」を名乗る謎の男。ネオ・ジオン総帥時代のシャアをイメージした赤いコスチュームにサングラスという出で立ちで、「マイスターズ」と呼ばれる部下でチームメイトのサムとダイアンも緑色の同じコスチュームを着用している。模型製作技術のすべてを極めており、ガンプラに対する愛も誰よりも深い。その技巧と情熱を注ぎ込んで作り上げられた愛機「フォーエバーガンダム」は、バトルにおいて無敵の強さを誇る。『機動戦士ガンダム』劇中のシャアと同じく、バトル中はパイロットスーツを着用しない主義であり、サングラスを外さずにプレイするためにコクピット内のモニターの輝度を通常より高く設定している。往来で白馬を乗り回すなど普段の行動も浮世離れしているが、ガンプラ唯一の製造拠点である静岡バンダイホビーセンターへの出入りや商品開発への参加が特別に許可されているなど、業界では相当な権威を持っている。

本編にラルさん(ファースト)やジュリドさん(Z)やカクリコンさん(Z)が出てくる世界なので、出てきてもおかしくはないと思います!

パロディ満載のネタですが、これはこれでおもしろいんじゃないかと思います。

なんにせよ、2代目名人カワグチのエピソードを本編(残り8話)でやってくれる可能性も薄いので番外編を期待してます☆

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る