ブログ

ガンダムUC(ユニコーン)ep7の結末は?!謎のMSはナイチンゲール?!

ガンダムUC 劇場版

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

いまさらですが、【ガンダムUC(ユニコーン)】のエピソード1話から6話すべて見てきました!今まで興味はあったんですが、なかなかチャンスがなく…全部見たあと、即行で映画館にエピソード7の前売りを買いに行ってきました!!まだあってよかったー!!

ガンダムUC 劇場版

前売りには【劇場限定 FAユニコーンガンダム】のプラモもついてきました!お値段4800円でしたが、満足のいく買い物でしたわwwwちょっともったいなくて作れないですねwww

劇場でどんな結末になるのかめっちゃ気になりますね!小説とアニメとマンガは少しづつ違うので、今回のエピソード7も変更が色々あるんじゃないでしょうか??

Sponsored Link

ちなみに、今までの変更点などはウキペディアの【ガンダムUC】のところに詳しく書いてあるので、気になる人はチェックしてみてください。1番良いのは小説版を買って読むことなんですが、時間がない人はコレである程度は補完できるかと思います。

機動戦士ガンダムUC ウキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0UC

さて、先行してエピソード7のPVも出されましたね。新MSも出るみたいですし、期待がふくらみますね!!

ところで、ユニコーンの1番の核である【ラプラスの箱】ってなんなんでしょうか?コレがエピソード7の結末に関係してることは間違いないですしね。

【ラプラスの箱】の正体

ラプラス事件のあと、宇宙をただよっていたサイアム・ビストの前に現れたもの(エピソード1の冒頭)がラプラスの箱なんですが、小説版には100年間に渡り未発表の【地球連邦の憲章】として登場します。

第7章
地球連邦政府は、大きな期待と希望を込めて、人類の未来のため、以下の項目を準備することとする。
第十五条
一、地球圏以外の生物学的な緊急事態に備え、地球連邦政府は研究と準備を拡充するものとする。
二、将来、宇宙に適応した新人類の発生が認められた場合、その者たちを優先的に政府運営に参画させることとする。

地球連邦を根底から揺るがしかねないもの、らしいですが、

 

( ^ω^)これがなんでそんなおおごとになってるの???

 

って思ったのは自分だけじゃないはずです。

調べてみたところ、いろんな意見があるみたいですけど結論として「スペースノイドがNTという新しい力を得て、地球連邦以上の政治的・経済的な力をもつことになる」からっぽいです。そして、オードリー(ミネバ)がしきりに「戦争を止める」と言ってたことに関係します。ラプラスの箱=憲章がでることによって、これを理由に各コロニーが結託し、国家の体制をとれば、地球連邦側も反発せざる負えない、ということらしいです。

 

( ^ω^)じゃ、戦争止めるなら封印するんか

 

って思ったんですが、どうやら結論から言って(※小説版から)、オードリーは全世界にむけてコレを発表するようです。【人類の可能性】にかけてみるってことです。この時点でどうなるかは、みんなわかってなかったんじゃないでしょうか???

でも、このあとのお話の【F91】や【Vガンダム】では地球連邦以外の単一国家がでてきますから、この設定ってのはかなり重要なことだと思いますね。

ガンダムって一貫して【人類の可能性】っていうテーマをかかげてるので、エピソード7のこの結論ってのはアリなのかなって思います。

 

【ユニコーンガンダム、ラスボスは「足がないな」】

エピソード6で「足がありませんな」と言われたMSこそラスボスじゃないかという話もあります。

シナンジュMA

LAシナンジュ

まあ、ユニコーンにはファンネルは自殺行為ですし、このデザインはジオングみたいに有線サイコミュならなんとかなるんじゃないか??ってことでしょうね。

個人的にはフルアーマー対決して欲しいとこですwww

プラモをフルアーマー化するツワモノもいましたねwww

FAシナンジュ

 

でも、これファンネル搭載してますもんね、これならナイチンゲールを出して欲しいと思うのは勝手でしょうか???

ナイチンゲール

 

 

 

いずれにしても戦闘描写はガンダムアニメ随一のユニコーンガンダムなので期待がふくらみますね!!!

すべては5月17日にはわかるでしょう!!!それまでのお楽しみですね☆

 

 

 

 

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る