ブログ

桂ゆめのwikiやプロフィールは?熱愛彼氏はいる?映画出演で話題!

桂ゆめ 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

最近公開された【奇妙な恋の物語】という
映画で出演をされた【桂ゆめ】さんに注目
集まっています!

Sponsored Link

桂ゆめ 画像

 

( ^ω^)お!かわいいじゃない!

 

どうやら彼女【劇団俳優座】に所属している
劇団員のようです。

現在、アメブロやツイッターなどされているようですが
wikiや公式の個人サイトなどは無く、
まだ一般的には無名の女優さんと
言っていいでしょう。

 

今回出演をされた【奇妙な恋の物語】は
あの【世にも奇妙な物語】のスピンオフ的な
作品として作られたようです。

 

7月3日、TOHOシネマズ 渋谷にて、May J.が主題歌「誓いのキス」を歌うUULAオリジナルドラマ『奇妙な恋の物語 – THE AMAZING LOVE STORY – 』の配信を記念した恋愛トークイベント<“世にも奇妙な恋愛”トークショー>が開催され、夏菜、戸谷公人、桂ゆめ、篠原哲雄 監督が登壇した。

 

本作は、あの『世にも奇妙な物語』の脚本家を迎えて、篠原哲雄、深作健太、市井昌秀という実力派監督がそれぞれメガホンを握った3つのエピソードからなる、世にも奇妙なオムニバス・ラブストーリー。

 

で、その中の1つ【縁切り神社】というストーリー
に出演されたというわけなんです。

 

(;^ω^)まあ、主演は【夏菜】なんだけどね。

 

まあ、これで彼女の認知度が上がれば
オールOKなわけなんですけどね!

 

ということで、桂さんのプロフィールを
まとめてみました!

 

【桂ゆめのプロフィールは?】

画像を見る感じ【若い】と思っていましたが
意外と管理人(28)より年上だったんですね~。

桂ゆめ 画像 プロフ

桂ゆめ(かつら ゆめ)
1981年3月17日生まれ(33歳)
大阪府出身。

【劇団俳優座】所属。

身長は160cm。
体重は46㌔。
血液型はB型。

趣味は【美術】と【日本舞踊】(タレントバンク)。
アメブロでは【風水】と【料理】が
追加されています。

出身高校は【大阪私立住吉学園高等学校】

 

ちなみに本名はわかりませんでした。
たぶん芸名ですが情報が無かったです。

だいたい芸名は本名をもじったものが
多いので近い感じの名前ではないか?と
思います。

 

【経歴】

主に舞台で活動している桂さんですが
TBSドラマ【冤罪】やバラエティ【ロンドンハーツ】、
あとは大正製薬のCMなどに
出演されているようです。

【劇団俳優座】には2000年に入団と
あることから、やっぱり高校を卒業した後、
そのまま舞台の世界へ飛び込んだようです。

 

ちなみにアメブロは2010年11月から
開始されてますが、その頃には既に
しっかり劇団員として活動されていたようです。

芸能暦14年というと、もうベテランの領域
じゃいかと思います。

 

あと、【劇団俳優座】自体、けっこう大きいところで
公演されているようで、ブログの日記でも
そのあたりがうかがえます。

 

福島の劇場は今までの会館と違って、500人弱なので大分小さく感じます。

だから俳優座劇場でやったお芝居を思い出しながら、声を張りすぎずに注意してやってみました!

お客さんの反応は、少し薄いように感じましたが、1000人のホールでやるのとは、まぁ違って当然かと、腹を据えて取り組んでみました

 

(;^ω^)ベテランっぽいコメントですな~。

 

せっかくなので、この映画で知名度が
上がって欲しいところですね!

 

 

【彼氏や結婚はどうなってるの?】

 

舞台女優として活躍するには演技力の
他に大事なのは【ルックス】ですね!やはり!

 

( ^ω^)アヤパンに似ていると思わないかい?

高島彩 画像

 

 

かわいいというより、どちらかというと
【美人】といったほうがしっくり来ますね!

 

で、そんな桂さんですがアメブロの
【結婚している?】の欄には【未婚】と
しています。

まあ、女優さんなので仕事がきっと
面白いんでしょうね?

いざとなったら誰かいそうな感じは
しますが…

 

 

では彼氏のほうはどうなの?というところ
ですが、今のところ情報が出てない感じです。

 

もしかしたら管理人が見落としてる
パターンもありますが彼女のブログには
そういった日記はなかったです。最近は。

 

ということで【桂ゆめ】さんの紹介でした!
これからもがんばって欲しいですね!

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る