ブログ

危険ドラッグコラ画像がツイッターで話題!まとめてみた!

危険ドラッグ 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

脱法ドラッグ】の新呼称として警視庁が
これからは【危険ドラッグ】と呼ぶように
発表がありましたね!

Sponsored Link

危険ドラッグ 画像

 

(;^ω^)まあ、確かに危険だけどね!

 

では、とりあえずニュースではマジメに
発表してましたので紹介しておきます。
まあ、あたりまえですけど。

 

警察庁は22日、一般から意見を募集していた脱法ドラッグの新しい呼称として「危険ドラッグ」に決めたと発表した。覚せい剤や大麻に似た作用があるにもかかわらず、「脱法」との表現が安易な使用を招いているとして、今後、新呼称の普及を図る。

 

他に「準麻薬」「危険薬物」「破滅ドラッグ」などの応募があった。

 

呼称をめぐっては、東京・池袋で車が暴走し8人が死傷した事故をきっかけに、古屋圭司国家公安委員長が「違法薬物に近いのに『脱法』と言うと国民の誤解を招くことがある」とし、見直しを表明していた。

ちなみに危険ドラッグ(ハーブ)をすると
こうなるという有名な動画をココに
載せておきますね!

 

(;^ω^)マジメな話、危険とか言ってないで違法にしろよ。

 

こんな人がそこらへんに溢れかえったら
大変な事になります。

禁止になって無いって事はおおげさに
言うとそういう事なんです。

すぐ禁止にできないにしても、各自治体で
何らかの条例で対処できないものなんですかね?

 

飲酒運転並みに危険って事は
警視庁や政府だってわかっているはずです。

 

政府の薬物乱用対策推進会議の議長を務める森少子化担当大臣は、閣議のあとの記者会見で、「国民には、『危険ドラッグ』の多くが違法薬物で、人体に大きな影響を与えるとともに、事件や事故を起こして人を傷つける、極めて危険な薬物だということを認識してもらいたい。内閣府としても、新たな名称が広く普及し薬物の危険性に対する正しい認識が定着するよう啓発活動を行っていく」と述べました。
また、田村厚生労働大臣は閣議のあとの記者会見で、「『覚醒剤や麻薬ではないから、それほど体に悪くないんじゃないか』という誤った理解のもとで使われると非常に問題だ。極めて毒性の強い薬物で、本人だけではなく、ほかの人にもいろいろな被害が出てしまう。興味本位で『危険ドラッグ』に手を出さないようにお願いしたい」と述べ、啓発活動に努める考えを強調しました。

 

(;´゚д゚`)もう違法にしてしまえよ。

 

とマジメな話が長くなりましたが
ココからはその発表会見から
いわゆるコラ画像ができあがるのを
見ていきたいと思います。

 

【危険ドラッグ会見コラ画像まとめ】

 

で、最近この手合いの会見って
ネットで加工されるのが流行なんでしょうか?

 

(;^ω^)まあ、それだけ注目されてるって好意的な見方もできるけど…

 

で、元画像はコチラ↓

  で、ここからがコラ画像  

 

(;^ω^)いろいろトリビュートしすぎ。

 

岡山の事件やら某議員やらリスペクト
しまくりです。

それだけ今年は印象に残っている
事件が多かったって事ですが…

 

ドラッグの危険性を示すという
感じでは無いですが、こうして話題に
なるのも一つの抑止力になるんですかね…

 

とりあえず画像が出次第、
お届けしたいと思います!

 

※追記です!まだしばらく増えそうですね!

 

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る