ブログ

鳥人間コンテスト2014の優勝チームや動画は?おもしろチームでるか!?

鳥人間コンテスト 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

鳥人間コンテスト2014】が今年もネットを
中心に話題沸騰してますね!

ガチの飛行機から、ネタに走ったものまで
色々な「空へのロマン」が見れておもしろですよね!

Sponsored Link

鳥人間コンテスト 画像

 

( ^ω^)めっちゃ好きだわ、この企画☆

 

管理人が1番印象に残っている
【鳥人間コンテスト】はやっぱり
2011年の【東方ウインドノーツ】ですね!

 

 

( ^ω^)いまだにこの伝説は記憶に残ってるわ!

 

※パイロット中村くんの発言集

 

直進するッ…!!
聞こえるか!?GPSに何も映らねぇ!!
クソッなんも聞こえねぇ!!
GPSが無いと俺は運転も出来ねぇのかよッ!
帰ってこれるのかこれでッ…!?
対岸は見える、だがこれじゃだめなんだろ?
へへっ…悪いなヘボパイロットで…
エンジンだけは一流のところ、見せてやるぜ!!
フルパワーだぜ!信じらんねえ!!
俺の人生は晴れときどき大荒れ…!いいね!イイ人生だよ!
風をッ…風を拾うんだ…!!
押されてる…わかってるけど…!!
左足がっ攣ってる!!うぅぅああああああああああああ!!!!!
あぁ!左足が!!片足だけで廻すの、右も限界が近いっ! 
ああー痛いッ!!ぅあああああ!!!
東北大学だろ…ウインドノーツだろ!!!!
回れっ回らんかぁああ!!!!!
動けぇええええええぇえ
桂っ今何キロォ!?
ドボォオ

 

 

(;^ω^)絶対ガンダム好きだろ、中村くんwww

 

いや~、笑いもしますけど、ホント感動しますからね!
当時動画が上がっていた頃なんか
すごい人気でしたから。

ちなみに中村くんは【ジョージア工科大学】に
留学してました。

 

( ^ω^)すごいカッコいいよ、中村くん!

 

2014年はどんな猛者が現れたんでしょう?
ネットでの反応もあわせて見ていこうと思います☆

 

【鳥人間コンテストって何?】

 

そもそも【鳥人間コンテスト】って何って人も
いると思うので簡単に説明しておきます。

 

この大会はテレビ番組制作を目的とした自作人力飛行機による飛行距離および飛行時間を競う大会である。

 

 

そして1977年から2014年で第37回の大会を
開催をしているTV企画。

TV企画としては、あの【24時間TV】より
歴史のある企画なんですね。(24時間TVは78年から)

 

そんな歴史のある【鳥人間コンテスト】ですが
ネットでも大きく注目されるようになったのは
やっぱり2011年からでしょうね!

それまで興味もなかった管理人ですが、
上記の動画を見てから毎年チェックしてますし。

 

そんな歴史のあるTV企画が【鳥人間コンテスト】
なんです。

 

※関連記事はコチラから!

鳥人間コンテスト2014の開催日程と交通手段!駐車場情報まとめ!

 

【動画とネットの反応の紹介!】

 

今年も様々なチームがそれぞれ特徴のある
飛行機を用意してきていましたね!

 

なかには

絶対飛ぶ気ないだろ!www

っていうものまでありました。

今回、【ニコニコ動画】と連動して実況動画の
配信もしているようですが、
まだアップされていませんね。

そのあたりは厳選して後ほど載せておきます。
では、現在公開されている動画もあったので
それはココに載せておきますね!

 

 

 

動画を見ると臨場感がありますね!
個人撮影のものでしょうが、
非常によく編集されてます。

 

今年は【ドランクドラゴン】の【鈴木拓】さんも
参戦したという事で話題になっていましたね!

鳥人間コンテスト 鈴木拓 画像

鳥人間コンテスト 鈴木拓 画像 

鳥人間コンテスト 鈴木拓 画像  

 

 

(;^ω^)このために14キロ減量したとか。

 

やっぱり空にはロマンがありますね~。
ガチでやらないとおもしろくない!って
ところでしょうか。

本気じゃないと14キロも減量しませんしね。

 

次にツイッターであがっていたコンテストの
模様をチェックしてみましょう。

 

 

 

(;^ω^)みんなの本気度合いは伝わるわ!

 

【単位は落としても、機体はおとすな】

は名言ですね!

で、気になる結果ですが
名古屋大学】が優勝してました。
おめでとうございます!

2014年も様々な機体が出てきましたが、
全て載せることはできませませんでした。

来年は実況も兼ねてお伝えしていこうと思います☆

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る