ブログ

エクストリガーの市販化はいつ?!ついでに評価してみた!!

エクストリガー

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

最近、ボクのまわりでは【アメリカンバイク】は流行っています。「いいな~」とか思いつつも、やっぱり今の愛車【XL250S】が1番乗りやすくて、楽しいと思ってます。個人の感覚なんでなんともいえませんが、【アメリカン】といえば【ハーレーダビッドソン】。いつかはハーレーに乗りたいとも思ってるわけですが。正直、通勤や通学に使うなら【軽い】【速い】【燃費よし】なバイクが1番なんですよね。

ところで、スズキがモーターショーでヘンテコな電動バイク出品してましたね。将来的にはこういうバイクも走っている世の中になるんでしょうか?

Sponsored Link

エクストリガー

 

スズキいわく

BMXをイメージして【自由な感覚】で操れる電動バイクをつくってみた!

ということらしいですが、いったいそれってどういうことなんでしょうか???スズキは変態バイクをつくるのが得意なので、新型はちゃんと調べてみないといけないって先輩に教えてもらいました。ということで、【エクストリガー】がどんなバイクか?みていきたいと思います

【エクストリガーにみる新技術】

モーターショーの時にもらったパンフレットに大体の概要は載ってました。

アルミフレーム、倒立フォーク、ディスクブレーキは従来通りとして、【電動】【可視光通信技術】がもりこまれているのが何より新しいです。

 

【電動】ということは【エクストリガー】はバッテリーで動くということです。どうやら100Vの充電を4時間で30㌔走行できるみたいです。まず、ツーリングはできませんね、残念www

通勤や通学ならありといえばありですが、充電を忘れたときが悲惨なことになることが予想されます。毎日充電しましょう。

 

【可視光通信】は、人間の目に見える光の点滅でデジタル信号を伝える通信技術です。カシオ計算機は、この技術を応用したスマートフォンアプリ【ピカピカメラ】をリリースしています。 ネーミングセンスは皆無ですが、この【ピカピカメラ】は、LEDやスマートフォンの画面を点滅させて信号を送ったり、スマートフォンのカメラで点滅を読み取ってメッセージを受け取り、送り返すといった手軽な情報交換が可能らしいです。

将来的には、街のカフェなどに設置した点滅光源から発信する情報を読み取って、クーポンを受け取るなどの応用を想定しているそうです。

( ^ω^)なるほど、わからん!!

やっぱり変態ですわwwwまず、「街のカフェ」がそんな機器を置いてくれるのか?という疑問がありますしね。

 

デザインは個人的にはすごくグッドなんですが、【電動】と【可視光通信機能】をもう少しどうにかして欲しいところです。

 

【エクストリガーの市販化はいつ???】

では、【エクストリガー】の市販化はいつされるんでしょうか???

と、ちょっとその前にひとつ、

 

 

ストラトスフィア

( ^ω^)スズキさん、ストラトスフィアを忘れたとはいわせんぞ?!

そうです、スズキは【ストラトスフィア】の件がありました。2005年のモーターショーに出品され、スズキ・GSX1100カタナを彷彿させるデザインや、オートバイとしてはホンダ・CBXカワサキ・Z1300以来である直列6気筒、カタナと同じ排気量である1100ccのエンジンが搭載されているなど、多くの反響を呼ぶこととなったバイクです。

搭載機構として可変スクリーン、可変ハンドル、オートシフト機構や、ヘルメットのシールドスピーカーなどを提案していました。期待してたんです。

( ^ω^)そして、いまだに発売されてないっと。

スズキは往々にしてコンセプトバイクをそのままに終わらせるので(例外はBキングくらい)、【エクストリガー】は是非、市販化されてほしいですね。デザインがイイので売れると思うんですが?

ということで、【エクストリガー】の市販化できるのか検証したいと思います。

( ^ω^)まず、エンジンを125ccのDR系の技術を駆使した新型エンジンにして、余計なシステムははずして、ただエクスランダーには積み込めるようにしておけば抱き合わせ販売ができる。完璧。

身も蓋もありませんが、結論としてホンダ・グロムやカワサキ・KLX125の対抗馬として出すのが妥当じゃないかと思います。Bキングの例もありますので市販化されるとしたら3年以内じゃないでしょうか???気が長い話ですが…

最後に…

( ^ω^)【ストラトスフィア】はよ!!

 

 

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る