ブログ

kage6sha(カゲムシャ)のkenjiの本名や経歴は?ボディーペイントの達人!

カゲムシャ ケンジ 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

今度の”世界まる見えTV”で
kage6sha(カゲムシャ)のkenji】さんという
ボディーペイントの達人が出演しるみたいで、
話題を先取ってみましたよ!

Sponsored Link

カゲムシャ ケンジ 画像

 

 

( ^ω^)ちなみに↑コレは本人ではないからね!

 

まあ、わかっているとは思いますけど
一応ですね…

ちなみに【kage6sha(カゲムシャ)】というグループは

スペシャルメークアップアーティストJIRO、ボディフェイスペインターKenji、ヘアメイクアップアーティストRyu、コスチュームデザイナーANDO、マジックプロデューサーTETSUO、ライブペイントアーティストWHOLE9 によるクリエイティブユニット。

 

らしいです。
6人でひとつの仕事をされている様子。

KAGE6SHA】って名前も
表には出てこないけど、裏方から
色々演出しちゃいます!って事から
名付けられたようですね。

 

( ^ω^)こういう人がいないとTVは回らないからね~。

 

今までのTVなんかでは、こういった人たちが
紹介されるって事はなかなか無かったと
思うんですが(お堅い番組ではあるんでしょうけど)
これからは裏方が誰か?でTVを見る
判断がされたりするんでしょうね。

 

【KAGE6SHAの作品は?】

 

彼らの活動の様子は公式ブログ(アメブロ)や
フェイスブックで見る事ができます。

 

( ^ω^)もうSNSで宣伝は当たり前の時代ですしな。

 

では、画像でまとめてみました!

カゲムシャ メイク

 

カゲムシャ 画像 メイク

 

カゲムシャ アーティスト 画像

 

(;^ω^)なんかハリウッドっぽいな。アバターで出てきそう。

 

他の追随を許さないクオリティ作品を世に送り出す
と銘を打っているだけに、
技術力は世界レベルなんでしょう。

今のところ主な活動は日本でされているようですが
そのうちいろんなところからお呼びが
かかりそうな気がしますね!

 

【KAGE6SHAのkenjiの本名や経歴は?】

 

で今回、「世界まる見えTV」に出演されるという
ボディペイント担当の【kenji】さんに
スポットを当ててみました☆

では、まずはお顔から。

ケンジ カゲムシャ 画像

 

 

 

(^ω^)う~んイケメン。仕事できそうな感じだわ。

 

オーラが違いますね!オーラが!
ちょっと○グザイルにもいそうな雰囲気で
これは女子はほっとかんでしょうw

 

(;^ω^)シュレックな管理人もこの人に頼めば…

まあ、シュレックになにかけてもシュレックなんですけどね!
いい感じなモンスターになるでしょう。

 

では、経歴の紹介です。

 

2005年、タイ・バンコクで俳優として活動を開始、映画、ラジオ、雑誌、CM多数に出演。俳優スキルを試す
ために参加したタイで人気の女装コンテスト「MISS AC/DC」で上位入賞したのをきっかけにメイクの世界を志す。
2010年IMAS (International Make-up Artist Trade Show) 世界大会優勝。

その後はカナダを拠点として映画、TV業界、MVなど140以上の海外作品に携わり、ハリウッドスターを始め、俳優、モデル、アーティストなどのメイク、ボディーペイント、特殊メイクを手がける。

 

2011年末に帰国し、TV、CM、広告、雑誌や専門学
校の講師として特殊メイク、エアーブラシの技術を教えるなど、マルチなメイクアップ技術を武器に多方面で活躍中。

 

( ^ω^)もともと海外でやってたんですね~。

 

人材の逆輸入ですわ。
世界レベルの人がこうして日本のTV業界に
関わっているってスゴイですね。

100パー指名でお仕事が来るはずですからね。
しかも海外有名人から。

 

あとkenjiさん、本名を【佐藤健司】(さとう けんじ)
というようです。
いたって普通の名前です。
全国に2万人くらいはいそうな感じです。

( ^ω^)海外でると名前が読めないのつける人いるよね。

 

またしても女子の好感度アップしそうな…
ちなみに1997年頃から色んな国を回りながら
技術を磨いてきたということです。

年齢ははっきりいってわかりませんでしたが、
お若い頃から日本を飛び出していった
行動力があってこその賜物なんでしょうね。

 

というわけでボディーペイントアーティストの
【kenij】さんの紹介でした!

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る