ブログ

リーガルハイ3は井手がライバル?スペシャルで覚醒?設定をチェック!

リーガルハイ 井手 ライバル

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

今更ながら【リーガルハイ・スペシャル】を
視聴しました~。やっぱりおもしろいですね☆
古美門先生キレッキレでガッキーも可愛かったっす!

しかし、ドラマ最後の井手くんの態度が気になって
まさかの井手覚醒フラグか?」と思ってしまいました!
リーガルハイ3の噂とともに検証していきたいと思います☆

Sponsored Link

リーガルハイ 井手 ライバル
( ^ω^)お?ついに井手覚醒するんか?

以下、リーガルハイSP回想

 

三木「おい!おおいずみ!」

井手「もう、何でもいいですよ。」

三木「おおい!そこは”井手ですぅ~”だろうが!」

井手、分厚い参考書を閉じ、ため息をつく。

 

(;^ω^)お?ついに愛想つかしたか???

 

ちょうどいい参考動画あったので載せておきます。

 

 

今までこんな井手くんの態度を見たこと無いですよ!

だって三木先生がリーガルハイ2で
ちょっとおかしくなっちゃった時も、馬鹿にしないで
ちゃんとサッカーユニフォームまでそろえて
ついてきたんですから!

 

まあ、その後正気に戻った三木先生に

「何ふざけてるんだ!おおたに(記憶あいまい)!」

と一喝されてますけどね。

 

というか三木先生、このやり取り楽しんでいる様子。

 

スペシャル第2弾のラストでは、名前を間違われても訂正しなかったことを、三木と沢地に突っ込まれた。このことから、三木は名前を覚えているがわざと間違えて呼んでいると思われる。

~wikiより抜粋~

 

 

(;´∀`)もうこれ様式美だよな。

 

ってわけで井手くんが3でライバルになるのか?
期待も含めて検証してみます。

 

【井手の設定やプロフィールは?】

 

さて、では簡単に井手くんのプロフィールを
チェックです。

井手 リーガルハイ 画像

井手孝雄(いで たかお)
26歳
三木法律事務所所属

自身の信念は無く、事務所の方針に従う
半人前だが、いっちょまえにプライドが高いため
いっつも古美門や黛やその他の人から
徹底的にやり込められて泣いている。

そして三木先生からはいつも名前を間違えられる。
「井手ですぅ~!」のつっこみは、もはや様式美。

 

いちおう26歳という若さで弁護士になっているので
エリート中のエリートなんでしょうが、いかんせん
役ドコロが完全にカマセの3枚目。

中の人の”矢野聖人”さんはジャニーズ所属で
イケメン俳優なんですが、見事に井手くんを
演じきっているので、これからもリーガルハイだけでなく
ほかのドラマや映画で活躍していくんでしょう。

 

(;^ω^)どうみても”井手ですぅ~”が脳裏をよぎるなwww

 

本編では古美門先生がこんなコメントを残しています。

「裁判長、井手先生はまだお若い。どうか大目に見てあげてください。若い芽を摘まないであげてほしいのです」

まあ、ボロカスにやりこめて芽をつんでからの
発言なんですけどねwww

さて、これでリーガルハイの次回作でライバルに
なることができるんでしょうか?

【リーガルハイ3orスペシャル?】

 

リーガルハイ3の可能性ですが、これはもう
決定しているといっても過言じゃないですね!

以下、堺雅人のコメント↓

 

一つ言えることは、3期は面白いですよ! 2期を楽しむことができれば、そのメンバーでつくった3期はすごく面白いはず!そういうことってあるじゃないですか。ちょっとマニアックな方向に行き過ぎちゃって、3期で円熟期を迎えるというパターンが。それそれ。(中略)とにかく3期がいい!僕としては、早く2期にけりをつけて3期をやりたいです

 

 

また三木法律事務所の面々は…

 

( ^ω^)やった!3期確定で間違いないわ!

 

しかし、気になるのが次回作のライバルです。

また三木先生でしょうか?
それとも羽生くんカムバック?
SPから九條先生参戦?

今のところ何にも決定事項は無い状態でしょうが、
やっぱりスペシャルの最後の引きの井手くんの
態度が気になりますね~。

 

(;^ω^)まさかの井手くん独立宣言あるか?

 

ただ、井手くん一本でいくのはちょっとキツイでしょうから
スペシャルあたりで古美門先生をおいつめて
逆転、大泣きのパターンが可能性としてはありそう。

う~ん、次回作も期待せずにはいられないですね!

 

といいうわけでリーガルハイ・井手のライバル説に
ついてでした!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る