ブログ

安田菜津紀のwikiやプロフをチェック!父や母は誰?結婚してる?

安田菜津紀 やすだなつき 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

 

安田菜津紀】さんというフォトジャーナリストの方が
朝のTV番組”サンデーモーニング”に出演し
話題になっているようです!

チェックしてみると「父 兄」や「」といった
キーワードが一緒に出てくるのであわせて
調べてみました!

Sponsored Link

安田菜津紀 やすだなつき 画像

 

( ^ω^)サンデーモーニングでもイイ事言ってたわ。

 

安田さん、フォトジャーナリストという職業なんですが
どんな職業かというと…

 

報道写真を撮影する写真家はフォトジャーナリスト(英: Photojournalist)と呼ばれる。

 

だそうです。

 

報道現場にいって、その様子を写真に収めるというのが
安田さんのお仕事なんですね。

ちなみに若干”16歳”の時には、「国境なき子どもたち」の
レポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
それからは東南アジアや中東、アフリカ、日本国内で
貧困や災害の取材を進めているらしいです。

 

( ^ω^)○経写真部とは大違いやなw

 

いや、産○のネタ写真は好きですけどね。
まあ、安田さんの方がガチなんだと認識してます。

 

では安田さんの経歴やwikiなどの
情報をチェックしてみましょう!

 

【安田菜津紀のプロフィールは?】

 

高校生の頃から写真にハマリ出したという安田さんですが、
数々の名誉ある写真大会で受賞をしているようです。

ちなみに最近では”情熱大陸”の500回記念放送
特集を受けていました。

 

今の日本人女性フォトジャーナリストとして最も
注目を集めている一人ではないかと思います。

 

安田菜津紀 やすだなつき 画像 プロフ

安田菜津紀(やすだ なつき)
1987年3月30日生まれ(27歳)
神奈川県横須賀市出身

職業 フォトジャーナリスト
最終学歴 【上智大学】
所属 【studio AFTERMODE】

受賞暦 【日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞】(2009)
【第8回名取洋之助写真賞】(2012)

 

( ^ω^)これは女性フォトジャーナリストのエースですわ!

 

16歳から写真にハマリ、カンボジアまで
足を運んでその現場を写真に収めてきた安田さんの
フォトジャーナリストになるきっかけですが、

 

高校3年生でグループ写真展に足を運んだときに、アンゴラで撮影されたガリガリに痩せたお母さんのおっぱいに赤ちゃんが吸いついている写真が印象に残り、それをきっかけに写真にはまった。

 

 

政府がHIV感染者だけを一ヶ所に集めて、緑のトタンで囲まれた長屋に強制的に移住させたという話に衝撃を受け、ずっとカンボジアを撮り続けている。

 

 

といった衝撃的な出来事が根底にあるようです。

 

また、安全な所からでは見えない事実というものを
写真にして伝えるプロのフォトジャーナリストの本懐も
語っていました。

 

「本当にこの伝え方で合っているんだろうか、この写真選びでちゃんと伝わるんだろうか、常に自己反省をすることが大切だと思っています。」

 

 

2010年から個展も不定期に開いているので
気になった方はチェックしてみてはどうでしょうか?

SNSはツイッターにて情報が出ています↓

安田菜津紀のツイッター

 

【両親もジャーナリスト?】

 

高校生のころからカンボジアに行って
NPO活動するって、なんか相当意識高いような
感じを受けました。

もしかしたら両親がジャーナリストとかかな?とも
思ったんですが、どうやらそうでもないようです。

 

むしろ、考えとは逆で”ある理由により”父親とは
小学3年の頃に母親と別居していたそうです。

また、その後、中学時代に父親を亡くされているようです。

 

(´・ω・`)またヘビーな時代があったもんですな。

 

それからというもの、「家族って何?」と自問自答を
繰り返す日々だったのだとか。

こういう事もあってカンボジアの例の写真が
記憶に残ったんでしょうね。

 

【結婚はしている?】

 

安田さんのブログやツイッターをチェックしてみても
結婚されているというような情報は無いので
今のところ独身のようですね。

 

正直、危険な地域にも行くことのある
フォトジャーナリストですから
理解ある相手でないと結婚されるのは
大変ではないかと思います。

 

というわけで【安田菜津紀】さんの紹介でした!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る