ブログ

ガンダムビルドファイターズの最終回は??最新ネタバレ予想!

ジュリアン・マッケンジー

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

最近は毎週月曜を楽しみにしています!え?なんでかって???

( ^ω^)そりゃ、ガンダムビルドファイターズがあるからさ!

しかし…いよいよ【ガンダムビルドファイターズ】も残すところ2話となりました!!!

(´;ω;`)終わってしまうのか…2期は…

終わってしまうのが惜しいほどの名作となりました。本当に捨て回なしのアニメってすごいです。できれば2期を今のスタッフでつくって欲しいですね。

Sponsored Link

それでは今週の新事実とあわせてネタバレ、そして最終回予想をしたいと思います☆

【最新22話、名人対名人について】

今回、3代目名人カワグチである【ユウキ・タツヤ】先輩の過去とガンプラ塾について色々と新事実がでてきました。特に2代目名人について言及されたことって今までありませんでした。しかし、今回でかなり2代目の人柄がわかりましたね。

①勝つためなら手段を選ばない

②弟子たちにもとても厳しい人

③それによってみんなからけっこう嫌われている(例外アリ)

④ジョン・エアーズ・マッケンジーらと死闘を演じてきた

m9(・∀・)この人ラスボスにぴったりじゃね???

ここにきて2代目についての言及に時間を使った意図ってなんでしょうね?確かに【ユウキ・タツヤ】先輩の思いを表現する上で必要なコマではあったと思いますが…

それにしても熱い戦いでした☆立役者の【ジュリアン・マッケンジー】さんです。

ジュリアン・マッケンジー

【マッケンジー】の元ネタはやっぱり【ポケットの中の戦争】の【クリス・マッケンジー】からでしょうね。彼のガンプラである【F91イマジン】の使う【バックジェットストリーム】は【ジェットストリームアタック】からってのもファーストに対してリスペクトが感じられます☆

(´;ω;`)ここで出番なくなるのがもったいないよ~、やっぱ2期を…

そして、前回セイの家に居候することになったアイラさん。

アイラ2

適当なレイジは肝心な事をセイママに言わないままだったので、セイママは「きいてないよ~」状態に。

アイラ「じゃあ、あんたんち(レイジ)に世話になるから。」

( ・∀・)なんすか、アリアン行き決定すか?

これが伏線として生かされてくる展開があるってことでしょうか。ニヤニヤがとまりません。是非そうなって欲しいものです。以前ブログで【アイラ=アリアン人】説もしましたが、その線の可能性が高くなったんじゃないでしょうか?

( ・∀・)そうか、そのための「宝石」か

21話にてアイラはチナ(セイ)からアリアンの宝石を受け取ってます。これってもしや…!

そして今回の主役の【ユウキ・タツヤ】先輩!

…ではなくてアメイジングエクシアについてです。

アメイジングエクシア

【イマジンF91】はカラー変更のF91ってかんじでしたが、こちらはけっこうつくり込んでありましたね。さすがはPPSEの機体です。

( ・∀・)これはプラモ化せんの??? 

現在プラモ化が決まっている未登場機体は【エクシアダークマター】、【ミスサザビー】、【クロスボーン改】です。プラモ化される可能性はあります。

しかし、これでは【エクシア】がビルドファイターズ内に2体ってことになりますね。

m9(・∀・)このエクシアがダークマターになんじゃね???

それでは、このあたりで最終回予想をしたいと思います☆

【最終回の予想】

最終回はセイ・レイジ対3代目名人カワグチ。

と、そこに2代目名人が参戦。これも会長の差し金。そして3代目名人のエクシアを乗っ取り【エクシアダークマター】に。

圧倒的な【エクシアダークマター】と2代目名人の前にセイ・レイジのビルドストライクが負けそうに…。

そこに駆けつける仲間たち。【ミスサザビー】にはアイラ、【クロスボーン改】にはマオが搭乗する。もちろんフェリーニやニルスも一緒に戦う。

みんなの力を借りて【エクシアダークマター】を倒す。と同時にレイジの腕の宝石が光出す!

「わりぃ、セイ。俺戻らなくちゃ。」とセリフを残して消えるレイジ。しかし、同じ宝石をもっていたアイラもレイジとアリアン世界に。

レイジたちが消えたあと、会長のもつ【アリスタ】をニルスが研究、アリアン世界に行く方法を見つける。

セイの「今からいくよ。レイジ。」のセリフでエンドロール。

( ^ω^)で、2期となるわけですよ☆

とにかく、あと2話!どうやって物語をおさめるのか気になるところです!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る