ブログ

美山加恋の現在の画像や熱愛彼氏は?ブログや大学をチェック!

美山加恋 子役時代

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

美山加恋】(みやま かれん)さんという女優さんが
めっちゃ可愛いので注目してみました!

子役時代に草薙剛さん主演の
”僕と彼女と彼女の生きる道”というドラマで
人気を博した”その後”をチェックです!

Sponsored Link

美山加恋 子役時代
この画像が約10年前くらいですね。
この頃からお顔が整っていて、絶対美人になるだろうな!
と思わせてくれます。

ちなみに実写版「ちびまる子ちゃん」では
親友の”タマちゃん”役で出演していました↓

美山加恋 子役 ちびまる子

まごうことなき”タマちゃん”ですね。
なんていうか雰囲気が良く出ていましたね、当時は。

で、現在はというと…↓

美山加恋 現在

( ^ω^)うおおおお!めっちゃキレイになってる!結婚してくれ!

育成成功ってレベルじゃねーぞ。
誰だよ劣化したとか言ったヤツ、完璧ガセじゃねーか!
と思いました。

ちなみに最近、高校を卒業した様子。

( ^ω^)高校卒業おめでとうございます☆

気になる出身高校は【堀越学園】と言われています。
よく芸能人が通う芸能活動OKな学校ですね。
ほかには”日出”やら”太成学院”などの情報があがってまして
堀越学園の説が濃厚ということですが…

( ^ω^)堀越の卒業式は2月20日なんだなぁ。

さらに日出は3月8日、太成は2月4日です。
お友達の安田聖愛さんも同じ14日に卒業したと
報告していますので卒業した日時は間違いないかと。

まあ、辻褄あわせてブログに書き込みしてるって事も
考えられなくも無いですがどうなんでしょ?
制服は堀越の制服とよく似てるんですけどねぇ?

(;^ω^)まあ、卒業したしいっか!(あきらめ)

そんな事はどうでもいいとして(適当)
次の”進路”が気になるところ。

そのへんもあわせてプロフィールを見ていこうと思います。

【美山加恋の進路は?プロフをチェック!】

まずは画像で成長をチェックしてみましょう。
大人の事情でアレな感じの画像はいけません!
って事になっているので健全な感じでですね。

美山加恋 現在 かわいい

美山加恋 現在 

美山加恋 画像

いや~~…本当に可愛くなりました。
元々美少女でしたが、美人っていうよりは
可愛い系な感じに振れましたね。

ネットでは
元からクッソ可愛かったんだから当たり前だろ
と意見がありましたが全面的に賛成です。

あと2013年に放送された
”山田君と7人の魔女”という漫画原作の
ラブコメに出演した時のインタビュー動画が
ありましたので載せておきますね!

では、まとめてみました!

美山加恋 wiki

美山加恋(みやま かれん)
1996年12月12日生まれ(18歳)
東京都東村山市出身

身長 153cm
体重 非公開
スリーサイズ 79-65-85
血液型 AB型

所属事務所 【ホリプロ】
右投げ左きき
家族 両親 姉
特技 お菓子作り フラダンス 韓国語

さて、気になる今後の進路なんですが、
現在、撮影や舞台などを精力的にこなしているので
そのまま大学には行かず芸能活動一本
絞っていくのではと思われます。

まあ、大学行く可能性も無きにしも非ずですが
正直、お仕事が順調なのでそちらが忙しいかなと。

そこそこのヒット作にも恵まれているので
(※過去の出演有名どころは上記の通り)
本格的に”主演”としてドラマに出る日も
近いのではと思いますね~。

【彼氏や熱愛の噂は?】

では、本題です。
”美山加恋に彼氏はいるのか(いたのか?)”です。

( ^ω^)そらもうモテまくりでしょう~。

で、いろいろとチェックしてみた結果、
噂になるような特定個人の名前は無かったです。
さすがホリプロ、隙がない。

ブログやツイッターも全部みましたが
ソコに言及するようなコメントもありませんでした。

ただ”好きなタイプ”として

【黒人】

というのが挙がっていましたね~。
どういう事でしょうか?(困惑)

(;´∀`)やっぱちょっと変わってるんだよ、多分。

全然関係ねーですが加山さん【月刊少女野崎くん】という
漫画のファンらしいです。
是非、千代ちゃん役をやって欲しいものです。

( ^ω^)野崎か御子柴か鹿島くんか、どれがタイプなんだ?

もし実写化して主演なんて事になったら
共演者でそういう噂も出てきそうなもんです。

というところで【加山加恋】さんの現在についての
いろいろでした!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る