ブログ

ナルト外伝に新キャラ登場?トネリ?正体や今後の展開をチェック!

ナルト外伝 トネリ

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

いよいよ始まった【ナルト外伝】なんですが
な~んかいきなりドロッドロな展開を見せていますねw

ま、とりあえず気になる新キャラについて
今後の展開の予想・噂なんか見ていこうと思います!

ナルト外伝 トネリ

(;^ω^)な~んでトネリくんがいるのかな~~???

ナルトの漫画は全部読んでるけど映画・アニメは見てないよ!
って人はボルトの隣でしゃべっているのが新キャラ
見えるのではないでしょうか?

なお

答えは不正解

と思うw多分www

じゃあトネリっていうキャラはいつ出てきたの?ってところですが
「ナルトムービーTHE・LAST」の敵役
出演しているんですね~。

かくいう私も初見では看破できず、友人から
「外伝のこのキャラなんだろーね?大蛇丸?」って言われて気づきました。

(;^ω^)いや、たしかし大蛇丸に似てるけどさぁ…

さすがの大蛇丸さんもボルトの同級生になったりしないでしょw
いくら転生しまくれる禁術があると言ってもですね。

あ、ちなみにこの【トネリ】くんですけど
知らない人の為に後で詳しく説明するんですが
ほぼチートキャラ”です。

むしろアカデミーにいる必要なんかあるんですかねぇ…状態です。
っていうかいつ帰ってきたの!月から!

(;^ω^)そこんとこ気になるなぁ、しかも開眼してるし。

とりあえず噂の【トネリ】くんの説明にいきたいと思います!

 

Sponsored Link

【大筒木トネリとは?】

まあ、説明といっても色んなところで紹介されてるんで
ココではコピペさせてもらうんですけどね!

ナルト外伝 トネリ 画像

大筒木一族の正当な後継者で、第四次忍界大戦にてうずまきナルトとうちはサスケによって封印された大筒木カグヤの子孫でもあり、後の六道仙人である大筒木ハゴロモの弟大筒木ハムラの系譜の一族の末裔である。

ちょっとココからは映画「THE LAST」のネタバレになるんですが、
ハムラの一族は外道魔像の封印の為に月に残って、
1000年間かけて地球の人を面接していたわけなんです。

で、「これじゃいかん!」と思って
1000年ぶりに月から地上に降りてきて
①ハナビの白眼を取ったり、
②ヒナタを嫁にするとかやってみたり、
③結果的にナルトにボコられた後ピエロったり
意外と損な役回りさせられた人なんです。
まあ、空気嫁よってとこなんですけどね。

(;^ω^)でも、あんたがいなけりゃボルト生まれてなかったもんな!

まあ、最終的に損な役回りでしたけど、
ナルトの気持ちをハッキリさせるための茶番劇も必要だったわけと
割り切って失意のまま月に残ったわけなんです←映画

(;^ω^)でさ、いつ帰ってきたのさ←外伝

や、まだアレがちゃんと”トネリ”であると
確定したわけではありませんが、
ネットでは”満場一致”でトネリとなっていますw

今後の展開的にトネリの話が入ってきそうですけど、
ボルトとサラダと小隊組んじゃったりするんですかね~?

(;^ω^)そうなら全員チート。

ボルト⇒白眼 サラダ⇒写輪眼 トネリ⇒転生眼

(;^ω^)勝てる気せーへんわ。

開眼すればですけどねwww

ちなみにトネリの最強瞳術である”転生眼”は
原作最強の”輪廻眼”と同レベルのシロモノです。
本気出せば地球を破壊できる。ヤベエwww

さて物語にどう関わってくるか楽しみですね!!!
というわけで【ナルト外伝】の新キャラについての情報でした!
なお、速報はネタバレまとめが1番早いようですよ。

 

【追記:新キャラ情報!】

もうすでにネタバレで知っている人も多いかと思いますが、
例のトネリっぽい少年は”ミツキ”って名前でしたね。

ミツキ ナルト外伝

ちょっと前に他里から来た”って設定らしいですが
クッソあやしいのは言うまでもないですねwww

(;^ω^)絶対、大筒木の関係者だろw

まあ、もしくは大蛇丸の実験体か…とにかくこれからの
展開の中でけっこう重要な役割に担ってくるのがうかがい知れますね。

あとコイツ↓

ナルト外伝 新キャラ

はやくもネットでは”イタチかシスイの隠し子”とか
大蛇丸のなんか”とか議論が白熱しておりますね。

しかも暁っぽい人も一緒に出てきたし、どうなる事やら…

まあ、なんかサラダ・カリン問題もあるし、
確実に大蛇丸が絡んでいる事は明白なわけでして…

(;^ω^)また大蛇丸か…

な~んてシカマルあたりが愚痴をこぼしそうな展開が予想されますねw
とりあえず3話も期待して待ちましょう!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る