ブログ

パンチライン最終話や結末は?伏線&ネタバレ感想をチェック!

パンチライン 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!
管理人のフジモンです☆

パンチライン】というアニメがあまりにも意味不なため
視聴者の大半が困惑しているようです!

とりあえず”伏線”やら”ネタバレ”をチェックしつつ
”最終話結末”までの予想をしてみようと思います!!!

パンチライン 画像

(;^ω^)4話とか展開が飛びすぎて意味わkらんかった。

いや、3話までも同じ感じだったかと思い
「まさか、どこか見逃してたかな?」と思ってツイッターで
最新話の感想をチェックしてみたところ…

やっぱり「????????」ってなっているのは
管理人だけでは無かったんですね。よかった。
読解力がなさすぎてダメなのかと思いましたよ。

(;^ω^)っていうかイマイチ盛り上がりに欠けるぞ!!!

どうなってんだ!!って感じです。
う~ん5話から本気出すんでしょうか???
仮にも”ノイタミナ枠”だから切るにキラレナイ。

あの神アニメである”ピンポン”を輩出したノイタミナですからね。
今後の展開しだいでは…と期待してしまうんですよ。

みんなの結論:意味がわからないよ

アポリアキュウべえ

はぁ…とりあえず意味がわかるように
現在出ている”伏線”をまとめてみたいと思います。
(意味がわかるとはいっていない)

Sponsored Link

【パンチラインの伏線まとめ!?】

あ、余談ですけど”パンチライン”って言葉は
ジョークでの予想外のオチのことを言うらしいです。

「ああ~なるほど、だからパンチラインか」ってなった人、
完全に術中にハマっていますよ。作製スタッフの。
あくまで”予想外のオチ”であって”意味不なオチ”ではありませんからね。

(;^ω^)ここまで出てきた伏線あわせたら納得いくエンドになるのか?

まあ、納得するか否かは視聴者によって変わりますからね。
いわゆるエヴァの”おめでとうオチ”でさえ
分かった気になればそれで納得ってわけですから。

ちなみに管理人は↑については”ブン投げEND”だと思っているので
ぜんっぜん意味がわからないよ状態でした。
そして未だにエヴァの呪縛から抜け出せないというwww

(;^ω^)もしかしたらパンチラインも名作に化けるか?

ま、期待はしているので5話から盛り返して欲しいところです。

さて、本題の「伏線」をチェックしてまとめてみました!
こんだけバラ撒いたら回収するだけでもかな~り話数が飛びそうです!

  • 遊太の特異体質(興奮すると地球が終わる)
  • 遊太のお姉さんの過去(留学する前はアパートにいた)
  • チラ之助(猫)の正体
  • ネットに流れる「犯行予告」(愛ちゃん巻き込まれの謎)
  • QMAY会(きゅーめいかい)の真意・創設の謎(白髪のあんちゃん)
  • みかたんの”お薬”とストレンジジュースとなったいきさつ
  • じいちゃん博士が台初をつくった真意
  • ナンダーラカンダーラ
  • ラブラの過去にあった心霊体験

まだ管理人が忘れているor見つけていないモノがあると思いますけど
ざっと書き出すとこんな感じでしょう。

(;^ω^)だいたいあのアパートからして謎w

この点と点が全部つながって見事に”パンチライン”するんでしょうか?
脚本と演出の腕の見せ所ですが、一抹の不安があるのは
製作会社が”MAPPA”ってとこでしょうね。

(;^ω^)ギャグ路線がいきなりテロルに…

そうなればある意味”ノイタミナ枠”で
燦然と輝くアニメになる事間違いなしですねwww

 

【結末やオチはどうなる?】

あと7話残してるので時期尚早だとは思いますが
結末や最終回のオチについて予想していきたいと思います!

まずは4話冒頭で出てきたキャッチボールしていた子どもたちですが
アレって”QMAY会の白髪兄ちゃん”と”みかたん”でしょうね。

なんとなくですが、あの施設こそアパート”古来館”の
元の姿なんじゃねーの?と予想しています。

で考えたのは
世界を納得いくまでやり直させる為(隕石の件も含めて)
あの5人をアパートに集めさせて、実験をしている
って筋書きです。

で、それを止めるために白髪の兄ちゃんたちが
頑張っているという構図。

(;^ω^)うん、自分でも何いってるかわかんねwww

これホントうまく12話で満足いくアニメに仕上がるんでしょうか?

とにかく最後まで見続けていきますので、
随時、ココでご報告したいと思っています。

というわけで【パンチライン】の結末やオチについての考察でした!
ツイッターで様々な予想がされているのでソレをチェックすると
少しは分かるかも知れませんよ?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る