ブログ

ぽん(ORESAMA)が可愛いと話題!アニメ曲や経歴をチェック!

discography_jk_s_4

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです。

管理人のフジモンです☆

友人から

「ORESAMA」ってバンドのヴォーカル

『ぽん』可愛いと聞き

可愛い女の子が大好きな私としても放っておけず

ヴィジュアル(顔)、その楽曲プロフィール

チェックしちゃいました♪

oresama ookami heart 1

Sponsored Link

(`・ω・´)〈どれどれ?じっくり見てみるかね。

profile_image_pon

( ゚Д゚)〈ファッ!?!?

CljtekNVYAE3I3p

(´-ω-`)〈・・・・・

C0NXFtjUoAIMhCE

(n*´ω`*n)〈めっちぁかわええ///

これは知らなかった事を後悔してしまうレベルや!!

顔もだけどもってる雰囲気がいい♪

1枚目のツンとした感じ、アーティストとしてのオーラを感じます☆

2枚目は音楽を楽しんでいるといった感じのいい笑顔♪(めっちゃ癒される)

3枚目のいたずらっぽく、少し幼い感じ

あぁ、もうなんかすげー可愛いです(真剣)

こんなかわいいヴォーカルだと、その声やどんな歌なのかが気になってしょうがないね☆

〈ORESAMAの楽曲をチェック!〉

2014年12月にリリースした

オオカミハートメジャーデビュー

この曲は知ってる方もいると思いますが

「オオカミ少女と黒王子」のエンディングテーマ

を担当していました。

(´-ω-`)〈アニメのOP、ED担当してメジャーデビュー。王道ですな

ところが色々と調べたことで

活動期間がわずか数か月で終了

していた事がわかりました。

公式にも何があったのかは記載されてなく

ぽんさん本人も「事情があって詳しくは話せない」と

コメントしています。

(´・ω・)〈本人が話せないって言ってんだ・・・これ以上は無粋だな

〈ORESAMA・ぽんさんの経歴をチェック!〉

今回、『ORESAMA』や『ぽん』ついて調べていて

私はぽんさんがもっと好きになりました。

だからこそ、みなさんにも知ってもらいたい!

活動を休止していたぽんさん

実は名前を伏せてnanaというアプリを使い

歌い続けていました。

当時ことについてのコメントも見つけることが出来ました。

こんばんは、ぽんです。
今夜、皆さんに大切なお知らせをさせて頂きます。

この度、わたしの所属するユニットORESAMA はランティスから4月より、再メジャーデビューさせて頂くことが決定しました。

ORESAMAは2014年末にメジャーデビューしたものの、あるトラブルからたった1枚のCDリリースでメジャーでの活動が断たれました。途方に暮れたわたしは、わたしのうたではダメなのではないかと悩んだ時期がありました。

それでも諦めきれなくて、自分への挑戦も兼ね名前を伏せてnanaを始め、自分のうたの可能性を模索し続けました。
思うような表現が出来ず泣きながらうたったこともあったけれど、あの場所で、何者でもないわたしのうたをたくさんのひとに「好き」と言って貰えことが、以前とは比べ物にならないくらいわたしのうたに対する自信に繋がりました。
そしてその環境が、ただ純粋にうたが好きだった自分を思い出させてくれた…。本当に感謝しています。

やっと本当の意味でスタートラインに立てました…。
いよいよわたしたちは、人生を賭けた挑戦を、もう一度はじめようと思います。

みなさんに、心から感謝を伝えたいです。
わたしのうたを聞いてくれて、好きだと言ってくれて、本当に、本当にありがとうございました。

これからも自分のペースでうたっていきます、どうぞよろしくお願いします。

こんなに素直で真っすぐな

歌うことが大好きな女の子

好きにならない訳がない!

苦労と努力を重ね

「アリスと蔵六」のOP

『ワンダードライブ』

で再メジャーデビュー!

『歌う事が好き』

そんなぽんさんだからこんなに素敵な歌が歌えるんですね♪

(´-ω-`)〈事情を知ってから聴くと心に沁みるものがあるのぉ

〈ORESAMAの最新をチェック!〉

そんな「ORESAMA」ですが

2017年 夏アニメ

『魔法陣 グルグル』

の主題歌を担当することが決定しています!

まだ大分、先の話ですが

今から気になってしょうがないです(`・ω・´)

さて、フジモンも猛プッシュの

「ORESAMA」

今後の活動から目が離せません!

みなさんにも好きになって頂けたらうれしいです(*’ω’*)

それではみなさん

(=゚ω゚)ノアデュー

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る