ブログ

Gのレコンギスタの公開日は?インタビューから内容を予想!

Gのレコンギスタ

Sponsored Link

おつかれさまです!管理人のフジモンです。

本日、【ガンダム35周年記念サイト】が開設されました!そこで1番注目されたのは

ガンダム Gのレコンギスタ!!!

Sponsored Link

Gのレコンギスタ

 

( ^ω^)キッターーーー!!!!

Gレコ 画像2

 

( ^ω^)うおおおおおー、これは期待!

管理人が画像をぱっと見た感じ、絵柄が【エウレカセブン】と似てなくもないような気がします。作画スタッフが一緒だったりするんですかね?

ところで、この【ガンダム Gのレコンギスタ】はどういった話になるんでしょうか?

【Gレコの内容は?】

さっそく調べてきましたよ!公式では

「宇宙世紀」の次の世紀「リギルド・センチュリー」を舞台に、宇宙エレベーターを守る組織「キャピタルガード」のパイロット候補生「ベルリ・ゼナム」の冒険を描く。

と紹介されていました。

 ( ^ω^)ってことは宇宙世紀からターンAまでを埋める橋渡しになるのか?

富野監督の“Gレコ”も謎の多い作品だ。元々は、2010年10月前述の「月刊ガンダムエース」に掲載された、富野監督自身が執筆、挿絵も手がけた短編小説『はじめたいキャピタルGの物語』をベースとした作品で、翌年11年10月には「ニュータイプエース Vol.2」誌上で“サンライズプロジェクトとして始動!”と発表。“人類が絶滅寸前にまで追い込まれ、それから最低でも1000年が経過した時代が舞台”“宇宙エレベータが登場する”など、富野監督による作品の構想や、それを元に吉田健一氏が描いたというイメージイラストも掲載され、監督自身も取材などのたびに“次の作品はテレビシリーズになる”“シナリオは全部自分で書いた”“できれば絵コンテもひとりでやりたい”というような旺盛な意欲を示している

※35周年ポータルサイトより抜粋

詳細はまだわかってませんが期待がふくらみますね!

いろいろ分かり次第、まとめていきたいと思います!

※追記 作画について

キャラデザインは【吉田健一】、やっぱりでした。

  • 交響詩篇エウレカセブン (2005~2006)キャラクターデザイン、メインアニメーター、ED4絵コンテ・演出・作画、作画監督(OP1、OP2、OP4、ED2、1話、26話、43話、44話、45話)、原画(1話、9話、11話、12話、19話、26話、28話、33話、42話、43話、33話、45話、46話、48話、50話)

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る