ブログ

龍が如く7の発売日やサブタイトルはなに?今作のゲスト出演は誰か予想!

284520

Sponsored Link

みなさん、お疲れ様です♪

管理人のフジモンです☆

今回はセガの名作シリーズ

『竜が如く』

最新作で「7」が出たら?

と言う話を聞きまして

発売日やサブタイトル

毎回あるゲスト出演者は誰になるのか?などを考察してみたいと

思います!

logo_prm_ryugagotoku

Sponsored Link

(`・ω・´)<桐生さんが伝説級かっこよすぎて、色々とヤバいw

みなさんも一度は耳にしたり、目にしたことがあると思います。

伝説・堂島の龍こと桐生一馬さん

彼の伝説の最新!

『龍が如く7』が制作、発売予定である!!

って噂が入ってきました。

嘘か本当かはまだ分からないですが

これは期待せずにはいられませんね☆

早速、龍が如く7の予想、考察をしてみたいと思います!

〈龍が如く7の主人公は誰?〉

単純に考えれば主人公は桐生一馬だとは思いますが

(´-ω-`)〈桐生さんは一体、何歳になるんですかね?

って思ってしまうのも事実。

となれば、主人公は違うキャラになる可能性もあると思います!

では誰が?って事ですが

噂では「クロヒョウ」の「右京龍也」では?って話も出ています。

確かに龍也も同じ「龍」の文字を持っていますから

可能性はあると思いますが

あまりにも桐生さんとの関係性が無いのが気になりますね。

個人的には龍也は好きなんで

本編シリーズに出演してくれれば嬉しいのですが

難しいのでは?と思いますね。

ここはやはり主人公は桐生さん

サブの主人公枠(秋山さんとかと同じですね)で龍也が出てくる

って事はあるかもしれませんね(願望)

〈物語の始まりは?〉

maxresdefault

龍が動くにはやはり問題が起こらないといけませんねw

私が考える一番の理由は・・

「沢村ハルト」が問題を起こすですね☆

のんびりと隠居?暮らしをしていた桐生さんのところに

神室の知り合いが来て、「ハルト君がっっ!!」

桐生さん「なんだって?」

みたいな流れ。あると思います!!!

ハルトがやくさんになってしまった。みたいな感じですね。

神室町でやくさんとなれば東城会が絡んでくるのが

普通ですね。

ハルトも「桐生一馬の跡継ぎ」みたいに担ぎ出されたのが原因

そして、問題に巻き込まれる。

からの桐生さんの説教タイム(物理)の始まりですねw

もし「桐生一馬の跡継ぎ」ってワードが出るなら

サブタイトルは

「龍、受け継ぎし者」とかだと思いますね。

そしたら流石にこれがファイナルだと思いますw

(´-ω-`)〈もう、何度も終わる終わる詐欺してますからねww

〈龍が如く7のゲスト出演は誰?〉

yakuza6-beat-takeshi

龍が如くシリーズと言えば

沢山の芸能人が出演されている事も有名ですね。

6では北野武さん藤原竜也さん宮迫博之さんなどが出演されましたね。

ですから今回も有名人が出演されると思いますが

やはり出演が濃厚と言えるのは

大物ユーチューバーではないでしょうか?

ヒカキンさんやヒカルさんとかが有力だと思います。

後は今現在なら「橋本環奈さん」とかもあるんじゃないかな?

〈龍が如く7の発売日はいつ?〉

今までの作品のリリーススパンから考察してみましょう!

・龍が如く2の発売日「2006年12月7日」

・龍が如く3の発売日「2009年2月26日」

・龍が如く4の発売日「2010年3月18日」

・龍が如く5の発売日「2012年12月6日」

・龍が如く6の発売日「2016年12月8日」

大体、2年~4年の間隔で発売されていますね。

これから予想するに

2019年の冬ぐらいには発売されるのでは?

と考えられますね♪

〈過去作から復習!!〉

ゲームをプレイするにあたって、過去の流れを思い出して置きたいですね

それには今一度プレイするのが一番早いですね!

もうすぐお盆休みも始まりますし

ちょうどいいですからね☆

まずは始まりの1&2で物語の始まりを復習

沖縄、ひまわりの始まりはここからでしたね。

冴島、秋山の登場はここ!最高の作品だったとも思っています!

伝説の遥操作は忘れませんw既に別ゲーでした!

そして最新、北野さんの存在感が凄いですね!

全てをプレイするのは難しいと思いますが

最高に面白い作品ですから、どれかだけでもプレイしていただけると

私も嬉しいです(`・ω・´)

それでは今回はこの辺りで

みなさん

(=゚ω゚)ノアデュー

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る