ブログ

猫島こと青島のオススメスポットは?アクセスと宿泊施設をチェック!

青島

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

すっかり春らしくなって、どこかに出かけたい気分ですね!

そんなあなたにおススメなのが【猫島】といわれている、猫好きにはたまらない癒しスポットがあるみたいですよ!

Sponsored Link

管理人、【うさぎ島】や【サル島】なんかは聞いたことあったんですが、【猫島】というのは初耳でした。

どこらへんにあって、どんなところなんでしょうね?

【猫島の紹介】

【猫島】というのは俗称で本当は【青島】という愛媛県の伊予灘にある島が本当の名前らしいです。

青島

もともとは無人島で、寛永年間に鰯の好漁場であることがわかり、現在の兵庫県赤穂市より人が移り住んだといわれている。現在でも、一本釣、建網等の漁業が中心の島である。

( ・∀・)昔っからある島なんだな!

では、どのくらいから【猫島】とよばれるようになったんでしょう?

島民の数が50名を割った10年ほど前から逆に猫の数が増え始めたという。2013年9月に青島での猫の生態を撮影した写真がブログなどに転載されたことで一躍注目を集めるようになり、猫好きの観光客が猫目当てに次々と訪れるようになった。

約10年前ほどから知られていたみたいですね。

爆発的に観光客が増えたのは去年からみたいですが。

現在の島民は15人、それに対して100匹以上の猫が暮らしているようです。住民としては猫をあまりよく思っていないようですが(まあ、世の中には猫が嫌いという人もいますので)、なんとなく共存してきたみたいですね。

猫島 画像

 

猫島 画像2

( ^ω^)うおおおおおおおお!にゃんこ天国!

きっと猫フェチの人たちにとって、天国に一番近い島なんじゃないでしょうか?www

( ^ω^)【ねこぐるい】の美奈子さんが発狂しそうなとこだな☆

余談ですが、となりのヤングジャンプで連載している【ねこぐるい】という漫画は猫フェチの生態をよく描いている漫画だと思います。

主人公の【美奈子】さんは、あまりの猫好きのために顔面が崩壊したり、性格が豹変したりちゃいます。あまり行き過ぎると顔も元に戻らなくなります。

猫好きのみなさんは、こうならないように気をつけないといけないですね。

(;´∀`)ちょっと不審者っぽくなってしまうしな

ねこぐるい 画像ねこぐるい おへ画像

 

 

【猫島へのアクセスと宿泊施設】

【猫島】こと【青島】には定期旅客船の「あおしま」が運行されています。

平成25年12月16日改訂
時  期 便 長浜港発 青島港着 青島港発 長浜港着
通  年 1便 08:00 08:35 08:45 09:20
2便 14:30 15:05 16:15 16:50
※手荷物(手回り品)は無料です。
※貨物は下記までお問い合わせください。
※ 定期船は年中無休ですが、天候によって予告なく欠航又は出発時間を変更する場合がありますのでご了承ください。
※ 土日には定員を超えるため乗船をお断りしなければならない場合があります。大変恐れ入りますが、空いている1便目をご利用いただくか、2便目であれば早めに到着し乗船手続きをしていただくか、また可能であれば、平日の乗船もご検討いただきますようお願いします。

 

一日に定期便が2便出るようですが、日帰りなら朝乗ってお昼の便で帰ってくる方法しかないですね。

あと注目して欲しいのが「定員を超える場合がある」というところです。

現在、土日の分に関しては予約はできない状態なので、どうしてもいきたい人は朝早起きして行くしかないです。

※予約に関しては時期によって変わるそうです。

区    分 片   道 往   復
大    人
(12歳以上)
 665 円  1,330 円
小    人
(6歳以上12歳未満)
 335 円   670 円

運賃は往復で1330円と比較的安いということも【猫島】を訪れる理由になってるみたいです。

乗船場への最寄駅は【伊予長浜駅】という駅です。そこから徒歩2分で乗船場にたどり着きますので迷うことはないと思います。

【猫島】での宿泊施設なんですが、現在この島にはない状態です。近年まで自動車も自転車も一台もない、また、食堂、商店、自動販売機もない状態だったみたいです。

しかし、観光客の増加から市が観光施設を検討しているようで、もしかしたらそのうちできるかもしれないですね。

とはいえ、【猫島】に宿泊施設はないので、猫好きのツワモノはテントを持っていって1日を過ごすとか…

(´・ω・`)猫好きのパワーはたまげたなー

気になる人は1度行ってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る