ファミペイの使える店舗や利用できるのはいつから?メリットはあるの?

おつかれさまです!フジモンです!

つい先日電子マネーの「PayPay(ペイペイ)」が話題となりましたが、今回は『ファミペイ』というファミリーマート独自の電子マネーが話題になっています。

正直、話題になる電子マネーが多すぎてよくわからない状況ですね!

そこで『ファミペイ』はどこで使えて、いつから使えるのか。また、ファミペイの良いところ(メリット)はどこなのかを見ていこうと思います!

ファミペイの利用できる店舗と導入日について

ファミリーマートは2019年7月、独自の電子マネーを導入する。スマートフォン(スマホ)を使った決済で消費者の購買データを分析し、商品開発や来店促進に生かす。セブン―イレブン・ジャパンも19年夏までに独自のスマホ決済を導入する計画で、ネット系企業が競うキャッシュレス決済にコンビニ大手も本格参入する。

※日本経済新聞より

ニュースを読む限り…

・ファミペイの導入日は2019年7月から
・導入店舗はファミリマート全店(1万7000店)
・スマートフォンを使っての決済

これって普通にクレジット決済でいいや、と思ってしまうのですがどうでしょう?

みんなはどう思っているのかまとめてみました∇

 

 

 

評価や反応を見る限り、どちらかというとみなさん、大反対の様子。

独自の電子マネー決済はもういらないというコメントが多いです。確かにそれぞれ独自の電子マネー決済方法をつくられても煩わしいだけです。

独自の電子マネーサービスの種類をチェックしてみると…

・楽天ペイ
・LINE Pay
・PayPay
・d払い
・pring
・オリガミペイ
・Amazon Pay
・au Pay
・ゆうちょPay
・セブンペイ
・はまペイ
・Pay ID
・ピクシブペイ

確かに多すぎますね。コンビ二ごとに決済方法が違うなんてめんどくさい事この上ないでしょうに。お金は統一して利用できるから便利なのであって、こんなに違ったら利用者としては流行らないと思えますね!

 

ファミペイを利用するメリットはあるのか?

ファミペイは、独自ポイントの付与はせず、買い物額に応じてキャッシュバックする仕組みを設ける考え。Tポイントなど他社のポイントサービスとの連携も予定している。ドン・キホーテ(ユニー)でもファミペイを利用できるよう協議しているという。

ユニー・ファミリーマートホールディングスは、ファミペイの導入によって(1)キャッシュレス化を推進し、利用客の利便性を向上させる、(2)ビッグデータの活用によって商品サービスの開発を促す、(3)店舗における省力化を進める――としている。

※ITメディアニュースより抜粋

買い物額に応じてキャッシュバック

このパーセンテージがいくらになるかで大分違いますが、この%が小さければポイント制でもいいような気がしますね!

キャッシュバックとTポイントが買い物をしたらどちらも付与されるなら、それなりにメリットがあると思いますが、その為だけのファミリーマートに行って買い物をするかと考えたら微妙です。

 

あとがき

正直なところメリットや使い勝手のどちらからみても、それほど画期的なサービスではないように思えます。ファミリーマートのヘビーユーザーであるならばキャッシュバックを毎回受けたらお得になるでしょう、といった感じですね!

とにかく電子マネーが乱立しているので、どこを利用するかは様子を見てからでも遅くはないように思えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください