ブログ

ハミーロップとハローズーマーの遊び方は?値段や発売はいつ?

ハローミップ 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

管理人、「最先端ロボット技術」と言われると、HONDAが開発した「ASIMO」に衝撃を受けたのを覚えています。

子どもながらに「立って動いてバランスを取る」という事が、かなり難しいという事を学んだのも「ASIMO」のおかげでしたね。

最近のロボットはというと、こんな動画が話題にもなりましたね☆

Sponsored Link

(;^ω^)立ち上がり時の動きがキメェwww

この動画のロボットはキレイにバランスを取りつつ、モーションパターンも多彩で「ASIMO」よりも格段に進歩しているのがわかりますね。

あと、外観の面で限りなく人間に似せているロボットも開発されているみたいですね。

( ^ω^)オリエント工業製品は一回生で見てみたいわ

 

そして、そういったロボット技術は「子どものおもちゃ」にも生かされているみたいですよ!

【「ハローミップ」と「ハローズーマー」の紹介】

ハローミップ 画像

ハローズーマー 画像

玩具大手の【タカラトミー】は、手のひらの動きや人がしゃべる言葉に反応して動くロボット型玩具を6月から順次発売すると発表した。リモコンなどが不要で、直感的な操作が可能だという。

 

 

このタカラトミーから発売予定のおもちゃを「ハローミップ」(人型の方)、「ハローズーマー」(犬型)といいます。

発売は「6月下旬」を予定しているようです。

 

すでにその動きを収めた動画もありました。

 

(;^ω^)おもちゃレベルで「ASIMO」超えてるじゃん

【遊び方や値段は?】

遊び方はいたって簡単のようです。

「ハローミップ」は、正面にかざした手を遠ざけると、この手を追って前進し、手の動きを止めると停止する。「倒立振り子センサー」を搭載しているため、缶ジュースなどを載せてもバランスをとって、運ぶことができる。

犬型の「ハローズーマー」は音声認識機能を装備し、「おすわり」「ふせ」などの命令に応えて、動作する。英語モードも装備している。

 

この【ハローミップ】と【ハローズーマー】、実は「学習機能」もついていて、「50個」まで動きや音声を覚えさせることができるようです。

( ^ω^)最近のおもちゃはようできてる!

 

この「おもちゃ」の技術をもっと進化させたら、いつかアニメに出てくるようなロボットも実現可能そうな気がします。将来的には「ロボットと会話」なんてのも夢ではないんでしょうね。

( ・∀・)22世紀には「ドラえもん」ができてるかも知れないね!

 

ちなみに【ハローミップ】と【ハローズーマー】のお値段は定価16200円。

すでに予約も始まっていますので、気に入った人は買ってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る