ブログ

世界枕投げの日はいつ?場所はどこ?ピローファイト画像が話題!

世界枕投げ大会 画像

Sponsored Link

みなさん、おつかれさまです!管理人のフジモンです☆

最近はインドア派な管理人ですが、
「春眠暁を覚えず」という事で この時期は
睡眠が1番の休日の過ごし方なのかも知れませんwww

 

(;^ω^)そろそろツーリングのシーズンなんだが…

 

そういえば4月5日は【世界枕投げ】の日らしいです。

Sponsored Link

(;´∀`)そんな記念日まであるのかw

 

世界的には【ピローファイト】といって、
枕を剣に見立てて 相手を倒すというのが
正式な【枕投げ】のようです。
どちらかというと「投げる」より「叩く」といったほうが
しっくりくるんじゃないでしょうか?

 

( ・∀・)これはこれでおもしろそうやない?

そして、先日、その【世界枕投げ大会】がありました。
それが、こちらの画像です!

 

世界枕投げ大会 画像

世界枕投げ大会 画像 海外

世界枕投げ 大会 海外 画像

2007年から4月第一土曜日は「世界枕投げの日」と制定されている。

イギリスでは、何百人もの人々が枕を持ってロンドン・トラファルガー広場に終結し、枕でお互いを殴り合った。

トラファルガー広場での開催は今年で6年連続となり、広場は1時間、枕を持ったロンドン市民たちにジャックされた。
参加者たちは、見知らぬ人同士、枕で思い切り叩き合って、日頃のストレスを発散させていた

なかには、あまりにも熱狂して叩きすぎて、枕が壊れ、中の羽毛が飛び出し、宙に舞ってしまう人もいた。

この日、枕投げ戦争が勃発したのはロンドンだけではなく、世界中の100都市で「世界枕投げの日」を祝って、枕投げ戦争が開催された

主催者は、枕投げは人々を屋外へ連れ出し、日頃のストレスを発散させる効果があると話している。
枕投げの唯一の決まりは、カメラなど枕以外のもので人を殴らないこと、枕で武装していない人は殴らないことのみだ。

枕投げと言えば、修学旅行で皆で雑魚寝している時に勃発するイメージが強いが、その時は必ず先生に怒られてしまう。

でも「枕投げの日」に行う枕投げ戦争は、誰にも怒られることがない。枕から羽毛が飛び出すまで枕で殴り合ったら、きっと爽快な気分に違いない。かなり楽しそうだ。

 

 

( ^ω^)クッソおもしろそう!!!  コスプレして参加しようや!

 

 

これは海外での【枕投げ大会】の様子ですが
もちろん、日本にも【枕投げ大会】が存在するようです。

 

【日本の枕投げ大会の時期や場所は?】

日本では【世界枕投げ選手権】と称し、
「町おこし」的なイベントといて行われています。

有名なのは静岡県の【伊東温泉】で行われる枕投げ大会です。

5対5のドッヂボール形式であったが、浴衣またはパジャマを着用し布団を楯にするなど、一般的にイメージされる枕投げに近づける形で行われた。

 

この動画は2014年2月23日に行われた
「第2回全日本まくら投げ大会in伊東温泉」­の熱戦の様子です。
ちなみに2013年から始まってますので、ごく最近のことなんですね。

海外の【ピローファイト】とは違い、スポーツとして楽しんでるかんじがしますね。

動画からも見てわかるように、結構、大人のほうが白熱してますねw

西鉄観光バス(福岡県)が2004年、現在の団塊世代向けに修学旅行を再現する旅行を企画したところ、再現の要望が一番強かったのが旅館での枕投げだったという。

 

( ^ω^)やっぱりかwww

ちなみに「全日本まくら投げ協会」なんてのもあって
枕投げ専用まくらを発売しています。

全日本枕投げ協会 枕

 

まくら投げ専用枕は、遠くまで投げやすく、枕が当たっても痛みを感じにくいように設計された枕だ。枕の中の素材には、適度な重みと柔軟性のあるクラッシュラテックス素材を使用。体にあたった際の圧力を分散し、衝撃を和らげるという。

 

本体価格は3000円。ネットから購入できるようです。

(;^ω^)けっこうお高いんですねw

 

日本の枕投げ大会は海外の【ピローファイト】と規模を比べると、まだまだなんですが、
海外の「枕投げファン」からは日本スタイルが好評のようです。

 

【海外の「2大」枕投げ大会】

海外ではイギリス・ロンドンとアメリカ・カリフォルニアが枕投げの「聖地」のようです。

『International Business Times』によると、イギリスでは、2008年以来、「International Pillow Fight Day」というチャリティーイベントが行われている。広場に集まった老若男女が、パジャマやガウン姿で、まくらを振り回しての殴り合いを楽しむというもの。使用するまくらは5ポンド(約677円)で、持ち帰ることができる。

 

また『Kenwood Press』によると、米カリフォルニアでは、1964年以来、「World Pillow Fight Championships」が行われてきた。イベントの規模が大きくなり過ぎて休止していたが、2014年9月24日の再開が発表されてという。

この大会は、泥のプールの上に渡された丸太にまたがった二人が、相手を落とすまでまくらで戦うというもので、日本とも英国とも大きく異なる。ただ、収益はやはり、地元のチャリティーへと贈られているという。

 

(;^ω^)やっぱり人数が大きくなるとスゲーわ

興味がある方は、海外旅行ついでに
「枕投げ大会」に参加してきてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る